- 絆 - Kizuna Japan


Twitter Wind


東電電気使用状況


フォト

他のアカウント

四国自転車遍路

シーズン-2

  • 第88番札所 大窪寺(おおくぼじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

    (31霊場走破)

    シーズン-2は、2006年8月1日(火)~8月15日(火)15日間。

     この期間は、梅雨が明けた好天日の連続であり、高速夜行バス8月1日朝到着の高知駅前から路面電車に乗って、輪行バッグの受け取り箇所である県庁前付近に位置する、高知県サイクリング協会事務局の則岡自転車店にお伺いした。

     ここからがシーズン-2のスタートとなった。

    TCA公式長袖ジャージ着用のスタイルで、紫外線対策は十分であったのだが、汗と給水のいたちごっこのようを呈した。

    (57霊場走破)

四国自転車遍路

シーズン-1

  • 第31番札所 竹林寺(ちくりんじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

自転車遍路の旅(プレステージ)

  • 梅雨空模様の尾道駅前
    東京駅発0620のぞみ3号博多行き(5号車18E)に輪行乗車し、福山駅にて在来線乗り換えて、尾道駅到着1030。尾道駅前にてフォールディングを組み立て、尾道駅周辺を観光走行する。さあ、いよいよ”しまなみ海道”の渡り初め!!
無料ブログはココログ

2011年9月15日 (木)

SPTUNIKO!(スプツニ子!)文化庁メディア芸術祭

今年の文化庁メディア芸術祭は、現在、作品募集中です。

文化庁が主催する文化メディア芸術祭にて私が注目した女の子。

SPTUNIKO!(スプツニ子!)

奇才ぶりを発揮していました。

先ほど、コンテンポラリー アーティストとしてTV画面コマーシャルに登場。

KDDI INFOBARのコマーシャルのワンシーンの登場でした。

昨年、六本木国立新美術館で開催された芸術祭は、

建築・デザイン関係の若者が多く集っていたことを思い出しました。

2011年4月28日 (木)

ドナルド・キーンさん日本人に!!!

日本文学の研究者で有名なアメリカ・コロンビア大学名誉教授の

ドナルド・キーンさんの最終講義が行われた。

Photo

2年前の2009年10月17日 (土) に

ドナルド・キーン特別講演会(根津美術館)を聴講していました。

約3年の改築を経て開館した新・根津美術館での講演会でした。

館内の会議室で約60名ほどの観客の演壇に立った彼は、

当時86歳のご高齢であったが、ゆっくりと流暢すぎる?日本語で

日本との関わりの歴史を語らっていました。

先日、キーンさんは日本に永住する意思を固め、日本に帰化する手続きを始めた理由は、

「東日本大震災で大変心を痛め、被災者との連帯を示すために永住への思いが固くなったようだ」

とのこと。素晴らしい日本人になることでしょう。もう既に??。

2011年2月17日 (木)

ランディ・パウシュの「最後の授業」

ランディ・パウシュ 『最後の授業』

2007年9月18日、ペンシルベニア州ピッツバーグ。

ハイテクの街として知られるこ­の地に本拠を置くカーネギーメロン大学の講堂で、

1人の教授が「最後の授業」を行った­。

教授の名前はランディ・パウシュ。46歳。

バーチャルリアリティの第一人者と称される­人物だ。

最後の授業をするにはまだ若すぎるパウシュだが、実はこのとき、

彼には長年親­しんだ大学に別れを告げざるをえない事情があった。

膵臓から肝臓へと転移したガン細胞­。

医師から告げられた命の刻限は「あと3カ月から半年」。

こうしてパウシュの最後の授業は始まった。

スクリーンに映し出された演題は『子供のこ­ろからの夢を本当に実現するために』。

それは、学生向けに講義をするふりをしながら、

­まだ幼い3人のわが子に遺すためのメッセージだった——。

アメリカではネット動画にアップされるやまたたく間に600万ものアクセス数を獲得し­たという。

上記に紹介されている人物は、

日本ファンドレイジング協会常務理事 鵜尾雅隆氏経由で知った人です。

このシリーズは、No9 まであります。

2011年1月27日 (木)

オープンガバメントラボ事務局よりアンケート依頼

諸外国では、既に始めていますが・・・・

広く、国民に少数意見をも見逃さない本当の、生の声を集めています。

自民党政権時代とは、雲泥の差ですね。事業仕分け・・・・・とか、その他いろいろ。

オープンガバメントラボ事務局より、

『 アイディアボックスに関するアンケートのお願い 』

がメールされました。

>アイディアボックスに関する実証実験にご協力頂いた皆様へ

>ご参加いただいたアイディアボックスに関する取り組みの評価、改善点等を

>お伺いするアンケート調査を実施することになりました。

>下記のURLにアクセスいただき、皆様の貴重なご意見を是非お寄せ願います。

>アンケートの回答に際しては、アイディアボックスご利用時のID、パスワードにて

>ログインしていただく必要がございます。

>なお、アンケートは想定回答数が集まり次第終了する可能性がございます。

>-------------------------- >>オープンガバメントラボ事務局

以下は、昨年2010年9月に投稿した全文です。如何、思いますか?

定年退職者(60歳以上)に定期券割引制度の導入によるメリット

《狭義な視点》

・それまでは毎日通勤に使用していた公共交通機関にぷっつりとご縁が無くなってしまう。

・家人に嫌がれる?ことのない、ライフスタイルが確立可能。もちろん、夫唱婦随でもOK.。

・インターネット等での情報を入手し、講演会聴取や映画館鑑賞や趣味の世界での区域内移動に便利。

・高齢者の活動範囲が拡がり、ひいては健康活動に寄与する。

・朝夕のラッシュ時を避けた(気を遣い)活動時間を設定。

《広義な視点》

・野外活動にいそしむことによる、健康立国の一助になることこのうえない。

・人の移動がもたらす経済効果に期待。

《ひとりごと》

・とにかく定期券があれば、駅まで歩き、趣味の仲間と談笑し、行きつけの赤提灯?でひとやすみ、の楽しみが何より。

2011年1月11日 (火)

カシオ IMAGING SQUARE 

本日 2011.01.11 サービスを開始した

カシオ IMAGING SQUARE による

写真をアート化して楽しむ

ネットワークサービスです

無料登録にて作成できます

いずれは、デジブックの???となることでしょう!!!

2010年11月25日 (木)

理化学研究所横浜研究所10周年記念講演会

横浜市開港記念会館講堂にて、横浜研究所設立10周年記念講演会を聴講しました。

Dvc00044

講演者やパネラーの豪華な方々にびっくりです。 日本いや世界のゲノム第一人者の和田昭允氏の記念基調講演に始まり、 全7研究室センター長ほか民間企業者によるパネルディスカッションがありました。

終了後周りを見渡すと、背広組のアカデミックな面々にびっくりで、 10/9新丸ビルでの理研講演会の聴講者とはやや様相を異にしていた。 講演前の昼前後は、山下公園埠頭や、れんが広場、中華街を早足で散策した。

久しぶりの横浜来訪でした。

Dvc00038

Dvc00057

Dvc00048

Dvc00042

Dvc00041

2010年11月 6日 (土)

本田美奈子本日命日2005/11/6

今日が彼女の命日。もう、5年前だったのですね。合掌。

2009年10月17日 (土)

ドナルド キーン特別講演会(根津美術館)

3年の改築を経て開館した新・根津美術館へ久しぶりの日本文化に触れてきました。

日本文学研究者である彼は、御年86歳になる。

永井道雄、三島由紀夫、司馬遼太郎氏らと親交が深く、日本の日記文化に傾注し、高見順、山田風太郎、永井荷風らの文学を日本人とは違う観点からの私小説観を持っている。

終戦前に語学力を買われた彼は、ハワイの真珠湾で色々な文書を日本語に翻訳する仕事をしていました。そして、戦死した日本兵士の日記に感動を受けています。

私が講演前から興味を持って考えていたことは、キーンさんの講演原稿はどのように作られ(日本語?カタカナ?ローマ字?)たか?でした。

疑問は解決されませんでしたが、(質問に立たなかったので)やや聞き取りにくい日本語でお話しされていました。(残念)

2009年3月21日 (土)

四万十川流域の”重要文化的景観”選定記念シンポジウム聴講

Web登録申し込みをしていた六本木・政策研究大学院大学想海樓にて、

四万十川流域5市町の重要文化的景観

(日本初、世界初、隅田川流域はもちろん、多摩川流域も選定基準に大きく外れるでしょう)

の紹介とその価値及び意義と今後の活用(村おこしの考え方)

の基調講演及びパネルディスカッションを拝聴してきました。

四国八十八箇所札所巡りを走破した小生としては、無視できないテーマでありますので。

案の定、基調講演とPDのコーディネーターをされた、篠原修同大学院大学教授からテーマ外ですが、お遍路さんの皆様に目を向けたらとのご意見。

(やっと、出番が来たな?)終了後に、教授に話しかけたら、知人に元朝日新聞辰野氏(遍路本上梓者)がおられるとのお話。やはりそうでしたかとの会話もしてしまいました。

PDには若干41歳の尾崎正直高知県知事も参加されており、終了後、『こんにちは!!』と思わず声掛けをしました。なにせ、四国出向中に、前高知県知事橋本大二郎ご夫妻と握手をしていましたので。

なお、数日前に東京ミッドタウン1F富士フイルムフォトギャラリーで世界遺産、(文化遺産は3/27から)写真展や写真家中村征夫氏(東京湾海中カメラマンで有名)のトークショーを鑑賞したばかりですので。

今日は、非常に文化的な半日を過ごしました。とさ。(土佐???)

追伸。主催の財団法人四万十川財団理事長・四万十町長前田哲夫氏によると、

同財団は、”隅田川市民交流委員会”と協働しているとのこと。

何か、身近なところで聞いた委員会かな??

Facebook

Twitter


ウエザーニュース


バイコロジーの輪

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自転車遍路


  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車遍路・巡礼へ

ルートラボ

フォローミー

Google AdSense