- 絆 - Kizuna Japan


Twitter Wind


東電電気使用状況


フォト

他のアカウント

四国自転車遍路

シーズン-2

  • 第88番札所 大窪寺(おおくぼじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

    (31霊場走破)

    シーズン-2は、2006年8月1日(火)~8月15日(火)15日間。

     この期間は、梅雨が明けた好天日の連続であり、高速夜行バス8月1日朝到着の高知駅前から路面電車に乗って、輪行バッグの受け取り箇所である県庁前付近に位置する、高知県サイクリング協会事務局の則岡自転車店にお伺いした。

     ここからがシーズン-2のスタートとなった。

    TCA公式長袖ジャージ着用のスタイルで、紫外線対策は十分であったのだが、汗と給水のいたちごっこのようを呈した。

    (57霊場走破)

四国自転車遍路

シーズン-1

  • 第31番札所 竹林寺(ちくりんじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

自転車遍路の旅(プレステージ)

  • 梅雨空模様の尾道駅前
    東京駅発0620のぞみ3号博多行き(5号車18E)に輪行乗車し、福山駅にて在来線乗り換えて、尾道駅到着1030。尾道駅前にてフォールディングを組み立て、尾道駅周辺を観光走行する。さあ、いよいよ”しまなみ海道”の渡り初め!!
無料ブログはココログ

2010年10月17日 (日)

箱根駅伝予選会

Img_0055

気温がやや高く、走者にはやや条件悪いコンディション。

Img_0057

みんなの原っぱは、秋空がまぶしい。

2010年2月28日 (日)

東京マラソン2010 スタート地点ボランティア参加

小雪混じりの東京新宿都庁第1庁舎前のスタート箇所は、とても寒かった。

22号車手荷物預かりトラック前には、7:30過ぎ頃からランナーが少しづつ集まり始める。 8:30締め切り間際は、新宿中央公園周回道路にランナーもスタッフも溢れかえっての大混乱。 予定を15分過ぎにほぼ受け付け完了し、周辺のごみ収集。

なにせ、雨中のイベントなので、簡易傘やカッパの廃棄物が大量に排出された。スタートは、地の利?すぐ階段を2Fにあがればそこはスタート地点。

毎年開かれる東京シティサイクリングと同じスタート箇所なので、周辺のイメージは十分に頭に入っている。急に寒さが我が身に染み入る。

2Fデッキをあがると、石原都知事がスタート合図の準備中。9:10号砲と共に紙吹雪の嵐。35,000名がスタート。

東京シティサイクリングは交通規制無しの時差スタートに比して、約30分にて最後尾が走り去り(うらやましい)。紙吹雪がすごかった。しかし、参加者への拍手をおくる我が手にまとわりつく紙吹雪は、糊でも塗ってあるかのように、ベトベト状態。(なにこれ??!!)最後尾の団体は、徳島県阿波踊り参加の14名がお囃子と共にスタートライン迄踊りながらの通過。

手荷物預かりで話をした阿波踊りのはっぴを着たご夫妻の言われていたとおり14名の阿波踊り連が光っていた。

スタートライン通過後は、足早にランニング。帰途の途中、体を温める場所は、住友ビル1Fのうどん屋(何故か、偶然、讃岐うどん屋さん)。しばらく寒さのため顎のちょうつがいが”ガクガク”とかみ合わず。寒かった。・・・。

ランナーの皆さんはまだまだこれからなのに、スタート地点ボランティアは足早に帰途へと。テレビ観戦へと家路へ急ぐ。とさ。

Dvc00124

2009年3月22日 (日)

東京マラソン2009ボランティア(22Km地点救護所)体験記

低層の雨雲が強風で流される空を見上げながらの、日本橋丸善脇22Km救護所庶務担当班として参加しました。夏用の東京サイクリング協会サイクリングジャージの上に赤い”MEDICAL"ジャージとキャップを身にまとい、ミーティング9:15終了。 既に新宿のスタート号砲は石原都知事によって放たれました。先頭集団を見送り、約1時間後に多くの一般ランナーが通過。11:00頃より続々とトイレ目的のランナーが、さらに続々とスプレー依頼者がその後に続く。強風に流された雨粒が予想時刻より早く落ち始めた。ビル風と共に断続的な強風を伴う降雨には閉口した。 少々寒さを感ずるも、走りゆくランナーに眼を向ける。イエロージャージのコース整理員スタッフと共にあうんの呼吸でランナーと沿道応援者との間に立ち、声を枯らしながらの交錯防止誘導。シティバイクやMTBの”モバイル隊”はAEDバッグを背負って二人一チームで回ってきた。国士舘大学救急救命士の皆さんで18チームで編成されている。聞けば、気に入ったシティバイクを選ンだそうだ。庶務班の5名で順次休憩を取ったが、その時間は救護所テント前のスプレー班のお手伝い。トイレ前と共に、スプレー班も待ち行列が発生し、てんてこ舞いの様相。ほとんどのスタッフは昼食抜きで最終ランナーを見送ったようだ。東京サイクリング協会会長と沿道で偶然お会いし、励ましを受けました。22Km最終ランナー通過後は、反対車線の浅草折り返し33Km地点のランナーに注目。まだまだ、心は待機状態。ボランティアリーダーのTさん、庶務担当Fさん。お疲れ様でした。解散後、最終ランナーを見送り、さらに、交通規制の最終車両を確認し、東京駅へと向かった。ランナーの皆さん。”See You Next!!"

2009年2月 8日 (日)

東京マラソン2009救護説明会に参加

本日東京マラソン2009ボランティア、救護班の最終説明会に参加しました。 虎ノ門海洋船舶ビルでの説明会(10:00~12:00)があり、11箇所の救護所のボランティア (総勢約138名)が集合しました。 救命技能認定証(AED)を取得していたので、この経験を生かせるボランティアとして応募し参加可能になりました。 ボランティアの仲間には、医師や看護師の方々が多く参加しています。 説明会は、プレゼン画面やPCメディアプレーヤーを駆使したわかりやすい説明があり、終盤には11箇所の救護箇所グループに分かれ、ボランティアリーダー(イケメンのライフセーバー氏)の元に、フレンドリーな、楽しいチームが結成されそうです。 グループの仲間には、過去にフルマラソンに参加し、また、今回は抽選に外れてボランティアに応募した人から活動のイメージを話してもらえ、イメージを掴めたことが良かったと思う。 終了後は、会場をあとにし、新橋で蕎麦を食し、そのまま徒歩で救護箇所の日本橋までウォーキングにて現地調査をすませました。 日本橋救護箇所は、22Km救護所に設定されています。過去の収容受付対象者は、距離的にフルマラソンの中間地点と言うこともあり、繁忙が想定されます。 最寄りの丸善本店に立ち寄り、新築開店の店舗を散策しました。 快晴の、やや風の強いお日頃でした。 マラソンの開催日は来月3月22日(日)。快晴を期待!!!

Facebook

Twitter


ウエザーニュース


バイコロジーの輪

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自転車遍路


  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車遍路・巡礼へ

ルートラボ

フォローミー

Google AdSense