- 絆 - Kizuna Japan


Twitter Wind


東電電気使用状況


フォト

他のアカウント

四国自転車遍路

シーズン-2

  • 第88番札所 大窪寺(おおくぼじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

    (31霊場走破)

    シーズン-2は、2006年8月1日(火)~8月15日(火)15日間。

     この期間は、梅雨が明けた好天日の連続であり、高速夜行バス8月1日朝到着の高知駅前から路面電車に乗って、輪行バッグの受け取り箇所である県庁前付近に位置する、高知県サイクリング協会事務局の則岡自転車店にお伺いした。

     ここからがシーズン-2のスタートとなった。

    TCA公式長袖ジャージ着用のスタイルで、紫外線対策は十分であったのだが、汗と給水のいたちごっこのようを呈した。

    (57霊場走破)

四国自転車遍路

シーズン-1

  • 第31番札所 竹林寺(ちくりんじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

自転車遍路の旅(プレステージ)

  • 梅雨空模様の尾道駅前
    東京駅発0620のぞみ3号博多行き(5号車18E)に輪行乗車し、福山駅にて在来線乗り換えて、尾道駅到着1030。尾道駅前にてフォールディングを組み立て、尾道駅周辺を観光走行する。さあ、いよいよ”しまなみ海道”の渡り初め!!
無料ブログはココログ

« ガールズケイリン~日本競輪学校の1日 | トップページ | TPP参加反対~新党日本 田中康夫 動画特集~ »

2011年11月 1日 (火)

ドイツサイクリングツアーの想い出~第11日目~(帰国へ)

*あらすじ

2011.05.31~06.11(11日間)ドイツメルヘン街道を北上し、

マイン川、キンツィッヒ川、フルダ川、ヴェーザ川に沿うサイクリングロードを、

ブレーメンまで走破してきました。

フランクフルト空港近郊のニーダーラートに宿泊し、

ホテルにほど近いマイン川自転車道を北に向かってスタートし、

自転車走行8日間、8名(女性2名・男性6名)の団体にて

全走行距離480Kmのサイクリング及び観光の旅を成し遂げました。

*11日目 2010/6/10 ブレーメン(Bremen)→(Muenchen)→(Narita)

Img_1486

< 天候:快晴→曇  サイクリング10日目(6/10) 

1.午前中の自由行動

前日のハーメルンからのバス移動時は、自転車はばらさずにそのまま積込み移動し、

ホテル別棟の地下ガレージに保管。我々は、早朝6時過ぎより輪行袋に納めた。

多くの仲間は、前日部屋に持ち込んで袋詰めをしていました。

午前9:15頃バスに積み込む。その後は、思い思いの観光と買い物へ。

2.ADFCヘの訪問

Nさんのかねてよりのお誘いで、全員で徒歩にて約25分、14時頃ADFC事務所へ向かう。

Img_1480

ADFC(Allgemeiner Deutscher Fahrrad-Club)地区本部事務所に、

Img_1481

CEO相当のMr.Horst Hahn-Klöcknerさんを訪問した。

Nさんより、会員数やボランティア動員数等の通訳・説明を聞き、

その組織力の強大さを知った。(このバッグを入手したかった!!)

Img_1482

帰りのTaxiの到着が遅いのでヤキモキしながら待ち続け、

やっと女性ドライバーの8名乗りのワゴン車が到着した。

ホテルへは何とか間に合い、14:45過ぎにホテル前到着。

3.ブレーメン空港へ

Img_1484

ドイツ在住30年の現地ガイドMs.Nobuko Schorlingのガイドにてバスに乗車し、

ブレーメン空港へ約15分で到着。

空港では、6/5-6/10迄お世話になったバス運転手のMr. Dahl Wolfgang(ダールさん)とお別れ。

彼は、全員と気さくなトークをしてきたので、(片言の日本語、英語、ドイツ語)少々、別れが辛かった。

4.ブレーメン空港は安宅の関の舞台と化す

国内空港のチェックにて、Nさんの歌舞伎大一番「勧進帳」の『安宅の関(あたかのせき)』が開演??

ご一行様は何事もなかったように、自転車やトランクの一切の超過料金を支払わずに、機上の人となった。

Nさんの後日談から、上記のオーバーのようでオーバーでない表現で記しました。

5.ミュンヘン空港へ

Img_1490

ブレーメン空港から約1時間20分にて、ミュンヘン空港に到着。

Img_1488

国際線ANAに乗り換えるための待ち時間約1.5時間を利用し、ドイツでの最後の買物

(ユーロの小銭を消化のため)を2班に分かれて実施。

これといった家人への土産もなく(ごめんなさい)、ドイツ州旗のキーフォルダーを購入する。

(小銭を使い切れなかった)

6.日本への帰国

Img_1489

ANAの機内食。久々の日本食を頂きます。 

Img_1491

そして、成田に到着。Nさんのご子息にパチリ。

Img_1497

以上、お疲れ様でした。(旅行編完)

あとがきを記録しています。

次号にその経緯を記します。

つづく

« ガールズケイリン~日本競輪学校の1日 | トップページ | TPP参加反対~新党日本 田中康夫 動画特集~ »

ドイツサイクリング事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129634/42789841

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツサイクリングツアーの想い出~第11日目~(帰国へ):

« ガールズケイリン~日本競輪学校の1日 | トップページ | TPP参加反対~新党日本 田中康夫 動画特集~ »

Facebook

Twitter


ウエザーニュース


バイコロジーの輪

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自転車遍路


  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車遍路・巡礼へ

ルートラボ

フォローミー

Google AdSense