- 絆 - Kizuna Japan


Twitter Wind


東電電気使用状況


フォト

他のアカウント

四国自転車遍路

シーズン-2

  • 第88番札所 大窪寺(おおくぼじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

    (31霊場走破)

    シーズン-2は、2006年8月1日(火)~8月15日(火)15日間。

     この期間は、梅雨が明けた好天日の連続であり、高速夜行バス8月1日朝到着の高知駅前から路面電車に乗って、輪行バッグの受け取り箇所である県庁前付近に位置する、高知県サイクリング協会事務局の則岡自転車店にお伺いした。

     ここからがシーズン-2のスタートとなった。

    TCA公式長袖ジャージ着用のスタイルで、紫外線対策は十分であったのだが、汗と給水のいたちごっこのようを呈した。

    (57霊場走破)

四国自転車遍路

シーズン-1

  • 第31番札所 竹林寺(ちくりんじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

自転車遍路の旅(プレステージ)

  • 梅雨空模様の尾道駅前
    東京駅発0620のぞみ3号博多行き(5号車18E)に輪行乗車し、福山駅にて在来線乗り換えて、尾道駅到着1030。尾道駅前にてフォールディングを組み立て、尾道駅周辺を観光走行する。さあ、いよいよ”しまなみ海道”の渡り初め!!
無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月27日 (日)

UK バークレイズサイクル レンタル

BarclaysCycleのYouTubeチャンネルを、ご紹介します。

P9180533

ロンドンオリンピックを前に、市内は地下鉄や道路の整備に喧しいようです。

東京オリンピックの時もそのようでしたね。

バークレイズサイクルの動画を三編ご覧頂きます。

バークレイズサイクルレンタルへのガイド

バークレイズサイクルレンタル - 安全ビデオ

レジャー用バークレイズサイクルレンタル

2011年11月26日 (土)

ニッポンのお茶の間 ピーチク

ニッポンのお茶の間 ピーチク をご紹介します。

Top_logo

ある同じ時間に、同じ番組を、離れた場所で共有している何万人もの人たち。

彼らとリアルタイムにおしゃべりしながら、番組を視聴することができたら、

世の中のテレビもラジオも、もっと面白くなるに違いない!

そう、まるで日本中がひとつのリビングのように…

ピーチクは、誰でも何処に居ても自由に参加できる、

お茶の間サービスなのです。

今やっているTV番組を見ながら、呟くのです。(全文コピー)  

2011年11月14日 (月)

2011全日本7時間耐久サイクリングin袖ヶ浦

2011全日本7時間耐久サイクリングin袖ヶ浦

4時間耐久サイクリング・男女混合の応援に参加しました。

結果は参加23チーム中の第9位。平均時速30.93 km/h。

東京湾アクアライン~圏央道袖ヶ浦東IC経由で約1時間。

袖ヶ浦フォレスト・レースウェイ(1周2.4km)で開催。

Sode_2

チーム戦略とチームワークが、結果を左右する本格的なチーム耐久レース。

Img_2189

Img_2199

Img_2207

Img_2208

Img_2229

Img_2273

Img_2278

Img_2293

Img_2250

2011年11月12日 (土)

3輪自転車がベビーカーに変身?!!

まずは、3輪自転車

Taga

そして、ベビーカーに変身?!!

Taga_2

これはキュート! 3輪自転車がベビーカーにトランスフォーム。

変身までの過程の謎解きが面白い・・・。

でも、正解を直ぐに観てしまった!!!

自転車大国オランダから非常にユニークな自転車が登場した。

子どもを乗せて移動することを前提とした3輪自転車だが、

20秒で変形し、ベビーカーとしても使えるようになるという。

見た目も機能も優れた、これぞモダンデザインといった自転車だ。

2011年11月 7日 (月)

ドイツ・メルヘン街道サイクリングツアーあとがき

ドイツ・メルヘン街道サイクリングツアー 2011/05/31~06/11 (フランクフルト・アム・マイン ~ ブレーメン/ミュンヘン) *** ツアーの想い出 ***

Photo

あとがき

・思い起こすと、この旅行の実施に至るまでに、数々の困難がありました。

・計画は一昨年よりNさんからお話しがあり、私もその気になって資料を調べ始めました。

・インターネットGoogle Mapからメルヘン街道を辿るルートを探し集め、

連続地図とすべく切り貼りを行いルートマップを作成し、

走行イメージを地図上でシミュレートし始めました。(今でも残してあります)

・ところが年が明けて、2010年4月14日(水)アイスランド南部

エイヤフィヤトラヨークトル氷河で火山が噴火。

ヨーロッパ全土で、火山噴火による空港閉鎖等の処置がされた。

フランクフルト国際空港も一時閉鎖された。

・これが大きな要因となり、昨年に計画されたツアーは中止を余儀なくされた。

・もう一つの原因は、私の鎖骨骨折が、ツアー中止の理由でしょう。

・2010年5月2日(日)、羽田空港滑走路したトンネル内歩道にて転倒自損事故を発生。

めげずに、治療に励み2011年を迎える。

・2011年1月下旬、旅行代理店をJTB船橋に変更し、新たなる計画が発表されました。

・TCA常任委員会の席上でNさんから正式発表があり、仲間の参加を呼びかけました。

ただし、この企画は、あくまでTCA有志によるツアーと言うことで、

TCA事務局等にご迷惑の無いように配慮した。

(NさんがTCAニュース2月号原稿作成)

・3月上旬に入り、参加人数が11名とほぼ確定し、

JTB船橋・S担当とNさんの詳細打合せが開始される。

・3月4日(金)Uの骨折は、ボルトの抜釘手術が完了し

、今後は本人のリハビリを待つ。

・そして、あの悪夢の東日本大震災が3月11日(金)に発生します。

しかし、参加予定者からのネガティブなお話しは一切無く、

毎日の震災ニュースに見入っていました。

・4月に入り、JTBの要請により、参加者の輪行姿の自転車諸元情報が

Nさんによりまとめられた。

・4月5日(火)に参加予定者の顔合わせ会を、新宿伊勢丹開館で開く。

Tさんのみ業務のため欠席し、JTB船橋S氏の参加がありました。

・いよいよ、ツアーの出発を2ヶ月余りに迫る中、Kさんの企画による

サイクリング道路走行会が催されました。

*第1弾 江戸川サイクリング 2011年4月8日(金曜日)(6名参加)

集合場所と時間:武蔵野線吉川駅南口(なまず像付近)出発:10時

目的地:関宿(せきやど)

コース:三郷幸手自転車道(通称江戸川サイクリング道路)往復。

吉川駅南口―玉葉橋―野田橋―金野井大橋―宝珠花橋―関宿橋―関宿城。

コース概要:片道31km、往復62km、江戸川の土手又は川原の全線フラットなコース。

信号機もほとんどありません。強風により、当初計画の変更を余儀なくされたが、

満開の桜とサイクリングロード添いの菜の花がとても綺麗でした。

*第2弾 荒川サイクリング 2011年5月6日(金曜日)(10名参加)

集合場所と時間:赤羽駅東口9時20分 出発: 9時30分

目的地:丸山公園(上尾市)

解散場所と時間: 川越線(埼京線)指扇(さしおうぎ)駅15時(予定)

コース概要:荒川の川原と土手をJ字型の往復50km、全線フラットなコース。

牧場(アイスクリーム有り)や沈下橋(大雨では水に沈む)を訪ねる予定。

赤羽駅東口-8.6-笹目橋-8.1-さくら草公園(秋ヶ瀬・おやつタイム)

さくら草公園-9.2-治水橋-9.3-丸山公園(昼食)

丸山公園-13.7(榎本牧場・樋詰橋)-入間川大橋-5.8(上江橋)-指扇駅(解散)

注意:お弁当と10時のおやつを必ずご持参のこと。昼食が遅くなります。

・5月23日(月)

JTB船橋での最終打ち合わせがあり、以下の方々が集合しました。 (参加者:N、K、S、M、S、U)

・5月27日(金)Kさんのメールにより、輪行袋他手荷物の運送は、

ANA系列の「スカイポーター」が最良であるアドバイスを受け、

参加者はそれぞれ手配をされた。

・5月27日(金)

 Aさんより、参加できない旨の丁重なるE-メールを受理。残念。

総勢10名でのドイツサイクリングツアーとなりました。

・5月31日(火)

予定通り成田国際空港を出発。出発前、TCA会員のMさんが羽田から

成田に転勤されており、見送りを受けました。

その際、撮っていた集合写真は、“TCA-HP最近のTCA”に掲載されていました。

Mさんありがとうございました。

・6月1日(水)(現地時間)

朝食後、Kご夫妻より重大発表があり、急遽、東京へ帰国されることとなった。

したがって、総勢8名でのドイツサイクリングツアーとなりました。

・6月1日(水)フランクフルト・ニーダーラート ~ 6月10日(金)ブレーメン

10日間に亘る、ドイツメルヘン街道サイクリングツアー 480Km走破 8名にて完走。

・6月11日(土)夕刻、8名全員、成田国際空港に到着。

・6月12日(日)N団長は、TCA首脳部に無事8名の帰国をEメールにて報告済み。

以上にて、全てのスケジュールが終了しました。

長きに亘るドイツメルヘン街道サイクリングツアーを

お楽しみ頂きありがとうございました。

これにて、全行程(2011/5/31~2011/6/11)終了しました。

2011年11月 1日 (火)

TPP参加反対~新党日本 田中康夫 動画特集~

本日の国会中継の最終質問に立った田中康夫(新党日本)の

TPPに関するメッセージ動画を集めました。

今、彼は輝いている!!!

新党日本 田中康夫 動画特集

11/10/26 議員総会

11/10/26 記者会見

11/10/19 議員総会

大増税・放射能・TPP 日本の「承詔必謹」!2011/10/15

「戦前昭和」危機の時代に学ぶ 11/10/08

東電・国民どっちを守る?原子力損害賠償の闇 11/10/01

ドイツサイクリングツアーの想い出~第11日目~(帰国へ)

*あらすじ

2011.05.31~06.11(11日間)ドイツメルヘン街道を北上し、

マイン川、キンツィッヒ川、フルダ川、ヴェーザ川に沿うサイクリングロードを、

ブレーメンまで走破してきました。

フランクフルト空港近郊のニーダーラートに宿泊し、

ホテルにほど近いマイン川自転車道を北に向かってスタートし、

自転車走行8日間、8名(女性2名・男性6名)の団体にて

全走行距離480Kmのサイクリング及び観光の旅を成し遂げました。

*11日目 2010/6/10 ブレーメン(Bremen)→(Muenchen)→(Narita)

Img_1486

< 天候:快晴→曇  サイクリング10日目(6/10) 

1.午前中の自由行動

前日のハーメルンからのバス移動時は、自転車はばらさずにそのまま積込み移動し、

ホテル別棟の地下ガレージに保管。我々は、早朝6時過ぎより輪行袋に納めた。

多くの仲間は、前日部屋に持ち込んで袋詰めをしていました。

午前9:15頃バスに積み込む。その後は、思い思いの観光と買い物へ。

2.ADFCヘの訪問

Nさんのかねてよりのお誘いで、全員で徒歩にて約25分、14時頃ADFC事務所へ向かう。

Img_1480

ADFC(Allgemeiner Deutscher Fahrrad-Club)地区本部事務所に、

Img_1481

CEO相当のMr.Horst Hahn-Klöcknerさんを訪問した。

Nさんより、会員数やボランティア動員数等の通訳・説明を聞き、

その組織力の強大さを知った。(このバッグを入手したかった!!)

Img_1482

帰りのTaxiの到着が遅いのでヤキモキしながら待ち続け、

やっと女性ドライバーの8名乗りのワゴン車が到着した。

ホテルへは何とか間に合い、14:45過ぎにホテル前到着。

3.ブレーメン空港へ

Img_1484

ドイツ在住30年の現地ガイドMs.Nobuko Schorlingのガイドにてバスに乗車し、

ブレーメン空港へ約15分で到着。

空港では、6/5-6/10迄お世話になったバス運転手のMr. Dahl Wolfgang(ダールさん)とお別れ。

彼は、全員と気さくなトークをしてきたので、(片言の日本語、英語、ドイツ語)少々、別れが辛かった。

4.ブレーメン空港は安宅の関の舞台と化す

国内空港のチェックにて、Nさんの歌舞伎大一番「勧進帳」の『安宅の関(あたかのせき)』が開演??

ご一行様は何事もなかったように、自転車やトランクの一切の超過料金を支払わずに、機上の人となった。

Nさんの後日談から、上記のオーバーのようでオーバーでない表現で記しました。

5.ミュンヘン空港へ

Img_1490

ブレーメン空港から約1時間20分にて、ミュンヘン空港に到着。

Img_1488

国際線ANAに乗り換えるための待ち時間約1.5時間を利用し、ドイツでの最後の買物

(ユーロの小銭を消化のため)を2班に分かれて実施。

これといった家人への土産もなく(ごめんなさい)、ドイツ州旗のキーフォルダーを購入する。

(小銭を使い切れなかった)

6.日本への帰国

Img_1489

ANAの機内食。久々の日本食を頂きます。 

Img_1491

そして、成田に到着。Nさんのご子息にパチリ。

Img_1497

以上、お疲れ様でした。(旅行編完)

あとがきを記録しています。

次号にその経緯を記します。

つづく

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

Facebook

Twitter


ウエザーニュース


バイコロジーの輪

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自転車遍路


  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車遍路・巡礼へ

ルートラボ

フォローミー

Google AdSense