- 絆 - Kizuna Japan


Twitter Wind


東電電気使用状況


フォト

他のアカウント

四国自転車遍路

シーズン-2

  • 第88番札所 大窪寺(おおくぼじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

    (31霊場走破)

    シーズン-2は、2006年8月1日(火)~8月15日(火)15日間。

     この期間は、梅雨が明けた好天日の連続であり、高速夜行バス8月1日朝到着の高知駅前から路面電車に乗って、輪行バッグの受け取り箇所である県庁前付近に位置する、高知県サイクリング協会事務局の則岡自転車店にお伺いした。

     ここからがシーズン-2のスタートとなった。

    TCA公式長袖ジャージ着用のスタイルで、紫外線対策は十分であったのだが、汗と給水のいたちごっこのようを呈した。

    (57霊場走破)

四国自転車遍路

シーズン-1

  • 第31番札所 竹林寺(ちくりんじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

自転車遍路の旅(プレステージ)

  • 梅雨空模様の尾道駅前
    東京駅発0620のぞみ3号博多行き(5号車18E)に輪行乗車し、福山駅にて在来線乗り換えて、尾道駅到着1030。尾道駅前にてフォールディングを組み立て、尾道駅周辺を観光走行する。さあ、いよいよ”しまなみ海道”の渡り初め!!
無料ブログはココログ

« Googleが“鉄路ビュー”近日公開 | トップページ | 上海蟹ツーリング(その2) »

2011年10月24日 (月)

ドイツサイクリングツアーの想い出~第10日目~

*あらすじ

2011.05.31~06.11(11日間)ドイツメルヘン街道を北上し、

マイン川、キンツィッヒ川、フルダ川、ヴェーザ川に沿うサイクリングロードを、

ブレーメンまで走破してきました。

フランクフルト空港近郊のニーダーラートに宿泊し、

ホテルにほど近いマイン川自転車道を北に向かってスタートし、

自転車走行8日間、8名(女性2名・男性6名)の団体にて

全走行距離480Kmのサイクリング及び観光の旅を成し遂げました。

*10日目 2010/6/9 ハーメルン(Hameln)→ブレーメン(Bremen)

 天候:快晴 サイクリング9日目(6/9) バス観光とその移動&市内走行距離:約17Km およそ450Kmとなった。よく走ったようで、まだ物足りないような気持ちだ。 1.快晴下でのバス観光

ヘーメルシェンブルク城は、大規模宮殿のあらゆる特徴をひとつにまとめたような建物です。

Img_1356_2

水壕や防衛機能のある橋、堂々たる八角形階段塔2つを備える、壮大な3翼式の建築物です。

Img_1361

領主のユルゲン・フォン・クレンケとその妻アンナ・フォン・ホレは、

Img_1367

1588年から1613年までの間に、絵本に出てくるようなお城の特徴をすべて備える宮殿を建設しました。

最も目を引くのは、遠くからでも識別できる24の“横断家屋“(凝った装飾が施された、

切妻風の屋根部屋)です。

この建物は、当時人気があったヴェーザー砂岩で造られました。

領主夫妻は、最も豪華な部分 (イタリア・ルネッサンス様式の豊かな装飾が施された、

3階建ての南翼 )に、子供たち14人(説明をしていた女性学芸員が“Kinder”と言った時に、

観光客から歓声が上がったので、覚えていました)と共に暮らしていました。

建物のすべてが、三十年戦争中の略奪や破壊から免れたのは、

この傑出した家族の勇気によるもの。(ドイツ観光局HPより)

Img_1372

その後、高速道路でブレーメンの街へ走ります。

Img_1377

Img_1381

Img_1388

Img_1378

皆さんお疲れでスヤスヤと眠りに入ります。

高速道路パーキングのレストランにて昼食

Img_13773

2.部屋割とバスタブの有無(ベスト・ウエスターン・ホテル・ツア・ポスト)

ブレーメン・人口54万8千人、146,218,244,345号室 全室バスタブあり

3.夕食前の街中ぶらり観光

Img_1411

Img_1413

Img_1403

人口約55万人都市ブレーメンには、仕事にあぶれた?若い女性の路上者が一人。

そして、ブレーメンの路上ピアノ弾きのおじさんガ居ました。

Img_1415

(よく見るとヤマハのオルガンを弾いていました)

これらのニ態は、ドイツの現在の失業率を垣間見たようでした。

Img_1456

ブレーメン市街地図(解説等は、Wikipediaによる)

・自由ハンザ都市ブレーメンは、ドイツ連邦共和国16連邦州の一つであり、2つの都市からなる。

・一つが、ブレーメン・人口54万8千人。

・もう一つが、ブレーメン市の北 60 kmのブレーマーハーフェン・人口約11万6千人である。

・ブレーメンから河口先のCuxhaven迄のヴェーザー川自転車道の距離は、約134Km。

・市内中心部を流れる連邦航路のヴェーザー川は、歴史上、天然の境界線であった。

・ブレーメンは、サッカー・ブンデスリーガに属するヴェルダー・ブレーメンのホームタウンである。

ブンデスリーガ優勝4回を誇る強豪であり、かつては日本初のプロ選手である奥寺康彦も在籍していた。

4.夕 食  (21時過ぎ)

Rathaus地下の洒落たビヤホールでの夕食。

地下ビヤホール階段直上の壁に書かれた銘板

Img_1416

ビヤ樽側面に描かれた装飾

Img_1418

ホールの全景

Img_1419

地下のこんなホールが何故?いつ頃出来たのだろうか?

5.夕食後のホテル帰館途中にて

自転車に優しい案内標識

Img_1429

夜景・ブレーメン中央駅

Img_1430

'5番線ホーム・ブレーメン中央駅

Img_1441

いよいよ、次回は最終日の第11日目です。

ブレーメン空港からルフトハンザ国内空港でミュンヘン空港経由し、

全日空にて成田への帰国の途につきます。

つづく

« Googleが“鉄路ビュー”近日公開 | トップページ | 上海蟹ツーリング(その2) »

ドイツサイクリング事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129634/42658184

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツサイクリングツアーの想い出~第10日目~:

« Googleが“鉄路ビュー”近日公開 | トップページ | 上海蟹ツーリング(その2) »

Facebook

Twitter


ウエザーニュース


バイコロジーの輪

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自転車遍路


  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車遍路・巡礼へ

ルートラボ

フォローミー

Google AdSense