- 絆 - Kizuna Japan


Twitter Wind


東電電気使用状況


フォト

他のアカウント

四国自転車遍路

シーズン-2

  • 第88番札所 大窪寺(おおくぼじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

    (31霊場走破)

    シーズン-2は、2006年8月1日(火)~8月15日(火)15日間。

     この期間は、梅雨が明けた好天日の連続であり、高速夜行バス8月1日朝到着の高知駅前から路面電車に乗って、輪行バッグの受け取り箇所である県庁前付近に位置する、高知県サイクリング協会事務局の則岡自転車店にお伺いした。

     ここからがシーズン-2のスタートとなった。

    TCA公式長袖ジャージ着用のスタイルで、紫外線対策は十分であったのだが、汗と給水のいたちごっこのようを呈した。

    (57霊場走破)

四国自転車遍路

シーズン-1

  • 第31番札所 竹林寺(ちくりんじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

自転車遍路の旅(プレステージ)

  • 梅雨空模様の尾道駅前
    東京駅発0620のぞみ3号博多行き(5号車18E)に輪行乗車し、福山駅にて在来線乗り換えて、尾道駅到着1030。尾道駅前にてフォールディングを組み立て、尾道駅周辺を観光走行する。さあ、いよいよ”しまなみ海道”の渡り初め!!
無料ブログはココログ

« ドイツサイクリングツアーの想い出~第8日目~ | トップページ | 荒川サイクリングロードの走り方 »

2011年10月10日 (月)

ドイツサイクリングツアーの想い出~第9日目~

*あらすじ*

2011.05.31~06.11(11日間)ドイツメルヘン街道を北上し、

マイン川、キンツィッヒ川、フルダ川、ヴェーザ川に沿うサイクリングロードを

、ブレーメンまで走破してきました。

フランクフルト空港近郊のニーダーラートに宿泊し、

ホテルにほど近いマイン川自転車道を北に向かってスタートし、

自転車走行8日間、8名(女性2名・男性6名)の団体にて

全走行距離480Kmのサイクリング及び観光の旅を成し遂げました。

*9日目 2010/6/8 ベーベルンゲン(Beverungen)→ハーメルン(Hameln)

天候:小雨のち曇 サイクリング8日目(6/8)の走行距離:約97Km(65Km)( )内は、予定

Img_1302

1.小雨の中のサイクリング

Img_1249

ポツポツ小雨が降る中、ホテル・フォルストホーフを出発。

ホテルを発って約12Km(9時40分頃)でのショット。古い鉄道橋が架かっています。

Img_1255

10時過ぎのHoexter付近で通過した鉄道橋。橋の型式に、やや相違があります。

Hoexter

10時20分過ぎ、ホルツミュンデンの街を対岸に見るところで休憩。

Img_1266

10時40分頃たまたま、何気に?集合写真

Img_1274

昼飯をどこで食べたのか記憶にありません。領収書を見ても、手書きなので住所不明。

Clip140

14時30分頃Polleの街で見かけたフェリー乗り場(左下に船が見える)と対岸(左岸)の古城が見える。

Img_1276

16時頃ボーデンヴェルダー(ハーメルンの25Km手前)のインフォメーションでトイレッテン・タイム。

地元のおじさんが、S夫妻となにやら友好中。このおじさんはどうも有名人らしく

(役場のおじさんかもしれない)、自らが民族衣装に身を包み、その絵はがきを無料で配っていたのです。

私も貰ったが行方不明だったが、後日発見しました。おじさんの勇姿を残す絵はがき。

おじさん!!かっこいいですね!!

Woedenverder

そのおじさんの絵はがきポーズで撮った写真が、

博物館前にあるミュンヒハウゼン男爵『ほら吹き男爵』のモニュメントです。

(Sさんと撮り合いをした)

Img_1285

お馬さんの水飲み場です。地方都市の数箇所で見ることが出来ました。昔の馬の存在価値が伺われます。

Img_1281

17時10分頃。皆、こんな格好で走っていました。少々強い雨を道中受けましたが、木陰で小休止。

Img_1295

その後、だんだん寒くなり防寒着として重宝しました。

17時30分頃ブレーメン(人口約55万人都市)手前のヴェーザー川沿いに、

停止中?のグローンデ原子力発電所が、その大きさを誇っていました。・・・。

ハーナウにもありましたネ。

Img_1301

この位置で動画を撮ったのですが、真反対の丘の上に風力発電のプロペラが

風に吹かれて回っていました。新旧のエネルギー対比を、

一箇所で垣間見る事が出来ました。

この写真は、ドイツ観光局主催、日独交流150年周年記念『日独友好フォトコンテスト』

に応募した作品の1枚です。(コンテスト応募作品4/5・テーマ都市)

ハーメルンの街に近づくと、レガッタの練習風景に遭遇しました。

16名乗りがあるのですね。

Img_1307

そして、いつものように今日宿泊するホテル探しでまたまた一苦労。

方向が定まらず?ホテルに電話した結果、『ルート83からルート1を走りなさい。

Img_1310

そして、常に道路の左側を走って下さい』とのフロントの返答。

その理由は、ホテル到着直前で判明し、納得。道路右側には歩道や自転車道がないのですから。

2.部屋割とバスタブの有無(ラッテン・フェンガーホテル・バーケラー)

Clip139

ハーメルン・人口5万8千人、510,511,516,517号室 全てバスタブ無し

ホテルは5Fのアパート棟の集合で、昔オリンピックか何かの選手村に使用された

かのような造りと部屋の様子のような気がした。

3.準 備

各自走行後の自転車を、ホテルの別棟(倉庫)1Fにそのまま置き、明日のサイクリングに備えた。

4.夕 食  

ホテルは街外れ5Kmの位置にあるので、往復ともタクシーにてハーメルンの街に繰り出した。

こんなシールを頂いておりました。

Clip141

5.あれこれ

ホテル駐車場前にそそり建つ笛吹き男(ネズミ取り男)のカラフルな巨大像の下で、

愛車のKHS F20-R と共にワンショット。

Img_1342

つづく

« ドイツサイクリングツアーの想い出~第8日目~ | トップページ | 荒川サイクリングロードの走り方 »

ドイツサイクリング事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129634/42412475

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツサイクリングツアーの想い出~第9日目~:

« ドイツサイクリングツアーの想い出~第8日目~ | トップページ | 荒川サイクリングロードの走り方 »

Facebook

Twitter


ウエザーニュース


バイコロジーの輪

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自転車遍路


  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車遍路・巡礼へ

ルートラボ

フォローミー

Google AdSense