- 絆 - Kizuna Japan


Twitter Wind


東電電気使用状況


フォト

他のアカウント

四国自転車遍路

シーズン-2

  • 第88番札所 大窪寺(おおくぼじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

    (31霊場走破)

    シーズン-2は、2006年8月1日(火)~8月15日(火)15日間。

     この期間は、梅雨が明けた好天日の連続であり、高速夜行バス8月1日朝到着の高知駅前から路面電車に乗って、輪行バッグの受け取り箇所である県庁前付近に位置する、高知県サイクリング協会事務局の則岡自転車店にお伺いした。

     ここからがシーズン-2のスタートとなった。

    TCA公式長袖ジャージ着用のスタイルで、紫外線対策は十分であったのだが、汗と給水のいたちごっこのようを呈した。

    (57霊場走破)

四国自転車遍路

シーズン-1

  • 第31番札所 竹林寺(ちくりんじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

自転車遍路の旅(プレステージ)

  • 梅雨空模様の尾道駅前
    東京駅発0620のぞみ3号博多行き(5号車18E)に輪行乗車し、福山駅にて在来線乗り換えて、尾道駅到着1030。尾道駅前にてフォールディングを組み立て、尾道駅周辺を観光走行する。さあ、いよいよ”しまなみ海道”の渡り初め!!
無料ブログはココログ

« ドイツサイクリングツアーの想い出~第5日目~ | トップページ | 動画が出来ました!!貴女も自転車で散走しませんか? »

2011年9月 5日 (月)

ドイツサイクリングツアーの想い出~第6日目~

*あらすじ

2011.05.31~06.11(11日間)ドイツメルヘン街道を北上し、

マイン川、キンツィッヒ川、フルダ川、ヴェーザ川に沿うサイクリングロードを、ブレーメンまで走破してきました。

フランクフルト空港近郊のニーダーラートに宿泊し、ホテルにほど近いマイン川自転車道を北に向かってスタートし、

自転車走行8日間、8名(女性2名・男性6名)の団体にて全走行距離480Kmのサイクリング及び観光の旅を成し遂げました。

*6日目 2010/6/5 バート・ヘルスフェルト(Bad Hersfeld)→カッセル(Kassel )

天候:曇時々晴  サイクリング5日目(6/5)の走行距離:約96Km(70Km)( )内は、予定

Img_0958

1.サイクリング・愉しみ・休憩

モルシェーン(カッセル手前50Km)の1Km通過付近にドイツ鉄道(DB:Deutsche Bahn)のICE(Intercity-Express)高架橋が見えてきた。

フルダ川横過スパンを“おむすび”アーチ形式にまとめたコンクリート長大橋が見えた。

Img_0970

さらにカッセル手前15Km、グンテルスハウゼンに近いフルダ川に架かる、

在来線のコンクリートアーチ形式の鉄道橋を、サイクリングロードに架かる下流側道路橋より望む。

Img_0999_2

共に鉄道橋の新幹線と在来線の新旧鉄道橋コンテストのようですね。

上記橋梁の中間点付近のビュッヘンヴェラ手前に、渡河用ケーブルゴンドラがありました。

Img_0979

途中何箇所にもフェリーがあるのですが、ワイヤーゴンドラによる河渡りができるのは、ここだけでした。 定員4名、4台まで許容のゴンドラは、川岸にそれぞれ1基及びワゴン内2基の回転板を廻して対岸に

Img_0972

辿り着く設備です。全て溶融亜鉛メッキ加工済みですので、メインテナンス・フリーです。

(日本の高速道路のガードレール等も同様の加工品です)

休憩した川の畔でのひとこま。

突然フルダ川に飛び込み、投げ入れられたオモチャをくわえて遊ぶ飼い犬。

Img_0988

いつもの出来事のように。

“マジソン郡の橋“この先、6/7宿泊予定のベーベルンゲンのホテルの脇にもあります。

Img_1002

全員がボトルの水を飲み干してしまい、立ち寄ったカフェにて大量の水道水を頂きました。

Img_0991

喉がとても潤いました。

ほんとうに、御馳走様でした。(16:30頃)

Img_0990

やっと、カッセル市内標示を見つけました。

Img_1005

Img_1003

Img_0963

Img_0993

2.部屋割とバスタブの有無(ラマダ・ホテル・カッセル・シティ・センター)

Photo

今日宿泊するホテルは、カッセルのシュタットハレ・カッセル(Stadthalle Kassel)

コングレスセンター内に立地する4つ星ホテルです。

ルーム内のお土産を持ち帰りましたね。皆様。(笑)

カッセル・人口20万2千人 401,403,404,412号室 全てバスタブあり 

ラッキー!!!

3.準 備

各自走行後の自転車を、ホテルの1Fガレージにそのまま置き、明日のサイクリングに備えた。

4.夕 食  

 夕食は、長距離走の後と雷を伴う降雨のため、ホテル内レストランを利用した。

時刻は確か22時前後? 食も細かった記憶がありますが・・・。  

なんたって、今日の走行距離は96Kmでしたので・・・。おやすみなさい。

つづく

Photo_2

« ドイツサイクリングツアーの想い出~第5日目~ | トップページ | 動画が出来ました!!貴女も自転車で散走しませんか? »

ドイツサイクリング事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129634/41514759

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツサイクリングツアーの想い出~第6日目~:

« ドイツサイクリングツアーの想い出~第5日目~ | トップページ | 動画が出来ました!!貴女も自転車で散走しませんか? »

Facebook

Twitter


ウエザーニュース


バイコロジーの輪

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自転車遍路


  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車遍路・巡礼へ

ルートラボ

フォローミー

Google AdSense