- 絆 - Kizuna Japan


Twitter Wind


東電電気使用状況


フォト

他のアカウント

四国自転車遍路

シーズン-2

  • 第88番札所 大窪寺(おおくぼじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

    (31霊場走破)

    シーズン-2は、2006年8月1日(火)~8月15日(火)15日間。

     この期間は、梅雨が明けた好天日の連続であり、高速夜行バス8月1日朝到着の高知駅前から路面電車に乗って、輪行バッグの受け取り箇所である県庁前付近に位置する、高知県サイクリング協会事務局の則岡自転車店にお伺いした。

     ここからがシーズン-2のスタートとなった。

    TCA公式長袖ジャージ着用のスタイルで、紫外線対策は十分であったのだが、汗と給水のいたちごっこのようを呈した。

    (57霊場走破)

四国自転車遍路

シーズン-1

  • 第31番札所 竹林寺(ちくりんじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

自転車遍路の旅(プレステージ)

  • 梅雨空模様の尾道駅前
    東京駅発0620のぞみ3号博多行き(5号車18E)に輪行乗車し、福山駅にて在来線乗り換えて、尾道駅到着1030。尾道駅前にてフォールディングを組み立て、尾道駅周辺を観光走行する。さあ、いよいよ”しまなみ海道”の渡り初め!!
無料ブログはココログ

« SPTUNIKO!(スプツニ子!)文化庁メディア芸術祭 | トップページ | 日本は自転する「サイクルモード インターナショナル2011」 »

2011年9月16日 (金)

ドイツサイクリングツアーの想い出~第7日目~

*あらすじ 2011.05.31~06.11(11日間)ドイツメルヘン街道を北上し、

マイン川、キンツィッヒ川、フルダ川、ヴェーザ川に沿うサイクリングロードを、

ブレーメンまで走破してきました。

フランクフルト空港近郊のニーダーラートに宿泊し、

ホテルにほど近いマイン川自転車道を北に向かってスタートし、

自転車走行8日間、8名(女性2名・男性6名)の団体にて

全走行距離480Kmのサイクリング及び観光の旅を成し遂げました。

*7日目 2010/6/6 カッセル(Kassel )→ハン・ミュンデン(Hann. Muenden)

天候:薄曇 サイクリング6日目(6/6)の走行距離:約54Km(25Km)( )内は、予定

1.バスにて市内観光

カッセル市内のラマダホテル前で、ペダルなしの子供自転車に乗る、

Img_1009

保育園に出かける途中の母親子連れの女の子に出会いました。

Tさんが、声かけ役でしたね。いつも。

ドイツ観光局主催、日独交流150年周年を祈念して開催された

『日独友好フォトコンテスト』に応募しました。

日本では、TCAスタッフが協力している神宮外苑やパレスサイクリングの乗り方教室で

子供達に教える際には、ペダルを外しています。 

今日は朝からバスにて市内観光。

ヘラクレス記念碑(Herkules Monument)の遠景と、

ヴィルヘルムスヘーエ公園(Bergpark Wilhelmshoehe Park)へ行きました。

Img_1029

(後でよく見たら、メンテ中の足場組の最中でした。)

Img_1022

ヴィルヘルムスヘーエ博物館(Schloss Wilhelmshoehe)は休館中。

Img_1024

エントランス前に人だかりがしていたので、期待したのですが。

(この期間、あちこちで修理中の休館が多い。

トラムが通過するKoenigs-Strasse。

路面電車と歩行者の共存の良い例。

Img_1076

地図によると、自動車乗り入れ時間制限があるようだ。

銀座も昔はこれが普通の景色であり、

現在の高知市内や広島市内等に見られる路面電車が走る町並みが、

自動車乗り入れ禁止にすれば、これと同じ景観になるのですが・・・。

人口20万人都市街路の昼前のひとこまです。

子供ワゴン車を引いて保育園に向かう?おうちに帰る?お母さん達。

Img_1067

日本にも、これに似た車両(保育園の散歩用車両)を見かけますね。

フリーデリチアヌム博物館前広場は、広場としての広さも十分、

街の真ん中の空間として、青空と雲とのコントラスト・・・。

フリーデリチアヌム博物館隣の建物の庇の上に見つけた人形のモニュメント。

Img_1068

(何だろう?目をつむり黙祷をしているようだ)

  ふと何気に脇道に目を奪われました。カッセル市内11時20分頃の、 人通りが瞬間に途絶えたひとこま。

Img_1073

絵としても綺麗ですね。

グリム兄弟博物館もやはり、休館で修復工事中でした。

Img_1078

フリーデリチアヌム博物館前広場の一隅で、

トラムが通過するKoenigs-Strassの人混みを見つつ振り返ると、

フリーデリチアヌム博物館前広場のフリードリッヒ像の遙か彼方に見える山々の景色に、

Img_1093

安らぎを覚えながらスパゲッティを食しました。

(この量なら食べ切れました)

Img_1091

走行中に撮った写真なので少々ピントがずれていますが、

数少ない後ろ姿の写真です。(16時25分撮影)

Img_1100

夕方、と言っても20時15分頃、ホテル到着後の夕食前散歩の時に、

ヴェラ川とフルダ川との合流点。

Img_1119

夕日の沈む時刻は、あと約2時間後の22時過ぎなのです。

明日からは、大河ヴェーザー川右岸を走ります。

2.部屋割とバスタブの有無(ホテル・アルター・パックホーフ) 

0607

0607garage

ハンミュンデン・人口2万6千人、15,17,18号室はバスタブ不明。

32号室は、ルーフ窓付で山小屋風の小洒落た部屋でした。

バスタブ付でごめんなさい。

このホテルのロケーションは、とにかく素晴らしい位置にあります。

南西方向からフルダ川が、東南方向からはヴェラ川が合流し、

大河ヴェーザー川の始まる箇所が目の当たりに出来る位置にあります。

3.準 備

各自走行後の自転車を、ホテルから200m離れた地下ガレージにそのまま置き、

明日のサイクリングに備えた。

(センサーライトが消えて、慌てて手を振ったり、体を動かしたりしましたね)

駐車場は、案内図に示されるように、ハーナウのそれど同様、

外壁のくり抜き門から中庭空間に入ったところにありました。

0607_2

4.夕方の散策と夕食

 レストランの雰囲気やイメージを忘れかけていたが、今思い出しました。

Img_1103

ドライバーのDさんが先客で、既にビールを友にしていて、

我々は確か窓際の席に座った記憶があります。

さらに思い出したことは、市内に入る前にホテルへの道順を問いかけて

案内してくれた女の子連れのお母さんが、

Img_1105

このレストランの隣のお店に入ったことです。

Img_1108

Img_1111

夕食を摂ったレストランの領収書

Photo

つづく

« SPTUNIKO!(スプツニ子!)文化庁メディア芸術祭 | トップページ | 日本は自転する「サイクルモード インターナショナル2011」 »

ドイツサイクリング事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129634/41722056

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツサイクリングツアーの想い出~第7日目~:

« SPTUNIKO!(スプツニ子!)文化庁メディア芸術祭 | トップページ | 日本は自転する「サイクルモード インターナショナル2011」 »

Facebook

Twitter


ウエザーニュース


バイコロジーの輪

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自転車遍路


  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車遍路・巡礼へ

ルートラボ

フォローミー

Google AdSense