- 絆 - Kizuna Japan


Twitter Wind


東電電気使用状況


フォト

他のアカウント

四国自転車遍路

シーズン-2

  • 第88番札所 大窪寺(おおくぼじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

    (31霊場走破)

    シーズン-2は、2006年8月1日(火)~8月15日(火)15日間。

     この期間は、梅雨が明けた好天日の連続であり、高速夜行バス8月1日朝到着の高知駅前から路面電車に乗って、輪行バッグの受け取り箇所である県庁前付近に位置する、高知県サイクリング協会事務局の則岡自転車店にお伺いした。

     ここからがシーズン-2のスタートとなった。

    TCA公式長袖ジャージ着用のスタイルで、紫外線対策は十分であったのだが、汗と給水のいたちごっこのようを呈した。

    (57霊場走破)

四国自転車遍路

シーズン-1

  • 第31番札所 竹林寺(ちくりんじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

自転車遍路の旅(プレステージ)

  • 梅雨空模様の尾道駅前
    東京駅発0620のぞみ3号博多行き(5号車18E)に輪行乗車し、福山駅にて在来線乗り換えて、尾道駅到着1030。尾道駅前にてフォールディングを組み立て、尾道駅周辺を観光走行する。さあ、いよいよ”しまなみ海道”の渡り初め!!
無料ブログはココログ

« 貴女も自転車で散走しませんか? | トップページ | ドイツサイクリングツアーの想い出~第6日目~ »

2011年9月 2日 (金)

ドイツサイクリングツアーの想い出~第5日目~

*あらすじ

2011.05.31~06.11(11日間)ドイツメルヘン街道を北上し、

マイン川、キンツィッヒ川、フルダ川、ヴェーザ川に沿うサイクリングロードを、

ブレーメンまで走破してきました。

フランクフルト空港近郊のニーダーラートに宿泊し、

ホテルにほど近いマイン川自転車道を北に向かってスタートし、

自転車走行8日間、8名(女性2名・男性6名)の団体にて

全走行距離480Kmのサイクリング及び観光の旅を成し遂げました。

***5日目 2010/6/4フルダ(Fulda)→バート・ヘルスフェルト(Bad Hersfeld)

Dvc00001

天候:曇時々晴 サイクリング4日目(6/4)の走行距離:約56Km(50Km)( )内は、予定

1.サイクリング・観光

早朝6時過ぎにホテルの窓から望む、朝陽を受けた教会(Marien-schule)。

Img_0958

Dr.Bさんとは6/2夕方に合流し、ここで記念撮影。お世話になりました。

Img_0931

ドイツは右側通行。自転車直進のレーンマークが、ストレートに標示されている。

Dvc00008

車両の車線マーキングをも優先した、自転車レーンマーク標示に注目したい。

とにかく、どの街でも、自動車は自転車走行を優先して、譲ってくれました。

(我々が渡り終えるまで)

ホテルに近い交差点のひとこま。(Sさんが真ん中に小さく写っています)

みどりの多い街で、ホッとしますね。

Img_0890

昨日のフルダ駅西口?駅前通りで、何気なく撮った写真を良く眺めると、

先ほど駅の地下自由通路で見かけた2名のローディが、右折して行きました。

Img_0927

そうそう、このお店でゆっくりお昼を取りましたね。

Img_0949

2.部屋割とバスタブの有無(ホテル・マインストリート・アム・クラウストゥルム)

(雰囲気的には、ユースホステルの民宿版に近いイメージのホテル)

Photo

バート・ヘルスフェルト・人口 不明、31,35,53,56,76号室 全てバスタブ無し

3.準 備

各自走行後の自転車を、ホテル1F会議室にそのまま置き、明日のサイクリングに備えた。

4.夕食前後のあれこれ

愛想がイマイチな?ホテル支配人お兄さんのお話では、

街中が夜を徹しての音楽祭の最中であるとの

こと。皆で歩いて出かけました。夜の10時前頃のショット。

Dvc00003

Dvc00004

Dvc00006

食事は、何故かギリシャ料理のレストランで取ることにした。

散歩・散策しているうちに、周辺のレストランはだんだん混み始めたため、

眼を付けていた場所に決定した。

しかし、何故か?小虫が沢山飛び交っており、

乾杯の飲み物はコースターで蓋をする始末でした。  つづく

Photo_2

 

« 貴女も自転車で散走しませんか? | トップページ | ドイツサイクリングツアーの想い出~第6日目~ »

ドイツサイクリング事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129634/41466628

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツサイクリングツアーの想い出~第5日目~:

« 貴女も自転車で散走しませんか? | トップページ | ドイツサイクリングツアーの想い出~第6日目~ »

Facebook

Twitter


ウエザーニュース


バイコロジーの輪

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自転車遍路


  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車遍路・巡礼へ

ルートラボ

フォローミー

Google AdSense