- 絆 - Kizuna Japan


Twitter Wind


東電電気使用状況


フォト

他のアカウント

四国自転車遍路

シーズン-2

  • 第88番札所 大窪寺(おおくぼじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

    (31霊場走破)

    シーズン-2は、2006年8月1日(火)~8月15日(火)15日間。

     この期間は、梅雨が明けた好天日の連続であり、高速夜行バス8月1日朝到着の高知駅前から路面電車に乗って、輪行バッグの受け取り箇所である県庁前付近に位置する、高知県サイクリング協会事務局の則岡自転車店にお伺いした。

     ここからがシーズン-2のスタートとなった。

    TCA公式長袖ジャージ着用のスタイルで、紫外線対策は十分であったのだが、汗と給水のいたちごっこのようを呈した。

    (57霊場走破)

四国自転車遍路

シーズン-1

  • 第31番札所 竹林寺(ちくりんじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

自転車遍路の旅(プレステージ)

  • 梅雨空模様の尾道駅前
    東京駅発0620のぞみ3号博多行き(5号車18E)に輪行乗車し、福山駅にて在来線乗り換えて、尾道駅到着1030。尾道駅前にてフォールディングを組み立て、尾道駅周辺を観光走行する。さあ、いよいよ”しまなみ海道”の渡り初め!!
無料ブログはココログ

« 2011東京シティサイクリング(NAVERまとめ)よりリンク | トップページ | ドイツサイクリングツアーの想い出~第9日目~ »

2011年9月30日 (金)

ドイツサイクリングツアーの想い出~第8日目~

*あらすじ

2011.05.31~06.11(11日間)ドイツメルヘン街道を北上し、

マイン川、キンツィッヒ川、フルダ川、ヴェーザ川に沿うサイクリングロードを、

ブレーメンまで走破してきました。

フランクフルト空港近郊のニーダーラートに宿泊し、ホテルにほど近いマイン川自転車道を北に向かってスタートし、

自転車走行8日間、8名(女性2名・男性6名)の団体にて全走行距離480Kmのサイクリング及び観光の旅を成し遂げました。

*8日目 2010/6/7 ハン・ミュンデン(Hann. Muenden)→ベーベルンゲン(Beverungen)

天候:薄曇  サイクリング7日目(6/7)の走行距離:約48Km(50Km)( )内は、予定

Img_1132

1.サイクリング・観光

出発前の9時頃、ホテル・アルター・パックホーフ前にて、愛車の記念撮影。

Img_1137

ハン・ミュンデンから14Km北付近のヴェーザー川自転車道右岸にて、

Img_1159

それまで追いつ追われつのサイクリスト達と激坂頂上付近にて記念撮影。

Img_1146

坂の途中から、ツール・ド・フランス並の応援をもらい頂上へ。

ところがこの後、町外れの教会(Kloster Bursfeld)のこじんまりした礼拝堂で、反響の良いことから、

なにげなく私が歌った『蛍の光』(スコットランド民謡の「オールド・ラング・サイン」を原曲として

いる)にて、彼らと大合唱したのです。

これはと思い立ち、外にいたNさんに声を掛け、ご持参のハーモニカと共に2~3度合唱し、

06071100

笑顔と美声で楽しい一時を過ごしました。彼女たちはコーラスを趣味にしているグループであったのです。

男性の指揮も見事でした。

12時前頃、休憩のために立ち寄ったミュージアムの前に自転車を止めてウロウロしていると、

Img_1168

Img_1170

Img_1172

年に数回しか開館しないという館員の女性がたまたま通りかかり、『特別に開館しましょう』ということになり、

昔の鉄道員の休息所であったことやパン焼き釜があり、食事を取ったこと等の説明を、

Img_1171

無料で紹介頂いた。ラッキー?感謝?!!

一般ドイツ自転車クラブ(ADFC)が推奨する『Bett&Bike』(自転車旅行者専用宿泊施設)は、

Img_1178

Img_1176

Img_1182

ドイツ全土に、ベッドと自転車の記号とともにあります。

Img_1184 13時頃、100m程のヴェーザー川の川幅に渡し船(フェリー)が運行されているので

Img_1204

(これまでに何箇所もフェリー乗り場を通り過ぎているので、そろそろ・・)

皆の同意の下に乗船した。商用車も同乗した。

Img_1194

自転車一台当たり料金は、1ユーロ(110円)なので、しまなみ海道のJR尾道駅前から最初に渡る

向島渡船とほぼ同じ料金であった。

ノスタルジックなモノクロ写真付きの、洒落た領収書をもらっている。

Img_1199

その後、対岸のベンチ3つとその周辺で、昼食。あらかじめ購入しておいた飲み物や

Img_1196

ホテルから持ち寄ったパンなどで、軽い昼食タイムとした。

道に迷いながらも、16時過ぎにホテルに到着する。毎度のように、ホテル近くで迷ってしまう。

ホテル前をご覧の騎馬が2頭(でなく、美しい女性がお二人?)通り過ぎるので、本人に許可を得て、

Img_1220

写真を撮らせてもらった。微笑み返しをされました。

2.部屋割とバスタブの有無(ホテル・フォルストホーフ) 

Photo

ベーベルンゲン・人口12万9千人、12,13,14,15号室 全てバスタブ無し

3.準 備

各自走行後の自転車を、ホテルの平屋ガレージにそのまま置き、明日のサイクリングに備えた。

4.夕 食  

Img_1222

Img_1225

夕食は、ホテルがベーベルンゲン手前6Kmの郊外に位置するため、ホテル内のレストランを利用した。

夕食のメニューを撮ったのですが、メインディッシュのフライパンの取っ手と

その受け皿との木工道具のコラボに見入ってしまいました。ユニークな形をしています。

Img_1226_2

5.あれこれ

下の写真は夜の10時頃の景色です。つまり、22時20分頃から暗くなり始めます。

Img_1234

7日目にやっと、食後の1時間ほどの散歩が出来たのです。この散歩時間は、誰とも会わず心細かった。

下の夕闇にたなびく旗は、この地区のもしくは街や村の旗のようですね。

Img_1248

これまでの走行中に気が付いていましたが、地区毎に旗がたなびいていました。

住民の団結・結束力を表す象徴のように感じますね。(さしずめ日本の町内会かな?)

この銘板を分析しましょう。過去の洪水時水位高をラインと西暦で示しています。

Img_1240

河川洪水の歴史を垣間見ることが出来ました。

この場所は、ヴェーザー川岸から30m位の位置にあり、

河川氾濫時には、道路・鉄道に大きな被害をもたらしたことでしょう。

因みに、最高水位は、胸ほどの高さにあり170年前の1843年1月19日。

最近のデータは、膝上当たりで、1946年2月10日と数字で明記されている。

それも、約70年前とは・・・。ビックリし、また、感心してしまいました。

つづく

« 2011東京シティサイクリング(NAVERまとめ)よりリンク | トップページ | ドイツサイクリングツアーの想い出~第9日目~ »

ドイツサイクリング事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129634/42142189

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツサイクリングツアーの想い出~第8日目~:

« 2011東京シティサイクリング(NAVERまとめ)よりリンク | トップページ | ドイツサイクリングツアーの想い出~第9日目~ »

Facebook

Twitter


ウエザーニュース


バイコロジーの輪

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自転車遍路


  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車遍路・巡礼へ

ルートラボ

フォローミー

Google AdSense