- 絆 - Kizuna Japan


Twitter Wind


東電電気使用状況


フォト

他のアカウント

四国自転車遍路

シーズン-2

  • 第88番札所 大窪寺(おおくぼじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

    (31霊場走破)

    シーズン-2は、2006年8月1日(火)~8月15日(火)15日間。

     この期間は、梅雨が明けた好天日の連続であり、高速夜行バス8月1日朝到着の高知駅前から路面電車に乗って、輪行バッグの受け取り箇所である県庁前付近に位置する、高知県サイクリング協会事務局の則岡自転車店にお伺いした。

     ここからがシーズン-2のスタートとなった。

    TCA公式長袖ジャージ着用のスタイルで、紫外線対策は十分であったのだが、汗と給水のいたちごっこのようを呈した。

    (57霊場走破)

四国自転車遍路

シーズン-1

  • 第31番札所 竹林寺(ちくりんじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

自転車遍路の旅(プレステージ)

  • 梅雨空模様の尾道駅前
    東京駅発0620のぞみ3号博多行き(5号車18E)に輪行乗車し、福山駅にて在来線乗り換えて、尾道駅到着1030。尾道駅前にてフォールディングを組み立て、尾道駅周辺を観光走行する。さあ、いよいよ”しまなみ海道”の渡り初め!!
無料ブログはココログ

« ブログは旧盆すぎまで休刊します。 | トップページ | デジブック版 『ドイツ鉄道最新事情』 »

2011年8月22日 (月)

ドイツサイクリングツアーの想い出~第4日目~

読者の皆様へ

長らくお盆休みを頂いておりました。

嫁の実家に約1ヶ月滞在しておりましたので、メルマガの発行が途絶えておりました。

以下に、第4日目から再開いたします。

今後ともよろしくお願いいたします。

*あらすじ

2011.05.31~06.11(11日間)ドイツメルヘン街道を北上し、

マイン川、キンツィッヒ川、フルダ川、ヴェーザ川に沿うサイクリングロードを、ブレーメンまで走破してきました。

フランクフルト空港近郊のニーダーラートに宿泊し、ホテルにほど近いマイン川自転車道を北に向かってスタートし、

自転車走行8日間、8名(女性2名・男性6名)の団体にて全走行距離480Kmのサイクリング及び観光の旅を

成し遂げました。

**4日目 2011/6/3 シュリュヒテルン(Schluechtern)→フルダ(Fulda)

天候:快晴  サイクリング3日目(6/3)の走行距離:約29Km(30Km)( )内は、予定

1.早朝散歩のあれこれ

翌朝6/3の5時頃眼が覚めたので、(少し寒く15℃位かな?)小一時間 まちなか散歩をしました。

Dvc00034_2

驚き!!!ナント歩道上に自動車パーキングスペースがありました。(ニーダーラートにもあった。)

人口約2万人の地方都市中心部の車道は、対面通行センターラインなしで問題ない程の交通量であるのだろう。

向こう側に、身障者車両専用駐車エリアマークが見られる。

これぞ、まさに、段差のない、歩行者・自転車・自動車が共存可能な、歩車共存の街路であろう。

下の写真は、民家の壁際に何気なく存在する電話ボックス。

Dvc00030

いや、アクリル板の屋根があるだけのテレフォンスタンド?ですね。

すっきりとシンプルに。隣に花がレイアウトされている。

行政の眼が十分に行き届いていることが伺えます。

標識のデザインも綺麗な街でした。

Photo

降雨量が少ないので可能なのかな?

2.サイクリング・観光

今日の走行予定距離は、約30Km。昨日に街一つ分を余計に走ったので、

昼過ぎにはフルダ(人口約6万4千人)につく予定。

朝の出発前のホテル玄関先での出来事。

現地ドイツ人のDr.Bさんの自転車は、ドイツ・サイクリスト御用達のサイドバッグ付マウンテンバイク。

Img_0840

下の黄色い自転車は、Deutsche Postの配達用自転車です。

Img_0841

Img_0844

重い郵便物を乗せるので、まず注目は、センタースタンド。

そして、後輪の両側に2個のバッテリーを装備しています。

日本郵便では、電気オートバイを業者に発注後、製造会社が倒産したので、実現は遅れているようです。

走り始めて、前方の視界に入り始めた小高い山は何だろう?と思っていたが、

Img_0855

酪農用の岩塩の山であることが判明。

手前に、プラント工場があり、精製後、長いベルトコンベアが山まで延びていました。

集合写真の撮影場所は不明。休憩中に何気なく撮ってもらいました。Dr.Bさんに。

Cimg3684

また、フルダ川をせき止めた湖の畔で遊んでいた家族連れのお母さんが、

Dr.Bさんとなにやら困った様子でお話しをしていました。

Cimg3686

女のお子さんが怪我をされ、Dr.Bさんご持参の薬(バッグから薬箱を出し、軟膏を?付けてあげたようでした。

(準備万端旅慣れていますね)

13時頃フルダ市郊外に入りました。

Img_0856

シュリュヒテルンからは川沿いでないR3自転車道を走り、フルダ手前でR1(フルダ川)自転車道に合流し、フルダ中心部に入りました。

ホテルのチェックインに少々早かったが、Nさんの交渉により2時前には全員部屋にトランクを納めた。

自転車は、地下駐車場2Fの奥の鍵付き門扉付の特別?駐車場エリアに一休みできました。

時間を示し合わせ、ひとまず市内観光に徒歩で出かけました。

旧市街地の中心に建っているのが、“Dom”と呼ばれている素晴らしい教会です。

Img_0876

Img_0880

ホテルから徒歩で10分位の所にDBの駅があるので一人で、

TCA鉄ちゃんのKさんへの土産話の題材を見つけに出かけました。

Img_0925

地階の自由通路を、若いローディ2名がサイクリングの途中に駅に立ち寄った所をパチリ。

Img_0919

初めて見かけたロードに乗る若者でした。

また、駅の反対口に、電動アシスト・レンタサイクル置場(充電中)を見つけて撮りました。

Img_0921

街中で2台見かけ、充電ランプが光っていたので気になっていた。

人口6万4千人都市の駅前(住宅街と思われるやや寂れた改札口側)で、ドイツ鉄道(DB)が運営しているレンタサイクル。

街中に乗り捨て可能?のようだ。

電光板表示によると出発予定18:48にもかかわらず現在時刻19:09:24。

Img_0917

定時発車が出来ていませんね。日本の鉄道事情の素晴らしさを、改めて感じました。

3.部屋割とバスタブの有無(ホリデイ・イン・フルダ)

フルダ・人口6万4千人、ルームナンバー119、125、126、205号室。全室バスタブあり

Photo_3

4.準 備

各自走行後の自転車を、ホテル地下2Fガレージにそのまま置き、明日のサイクリングに備えた。

5.夕 食 

  Dr.Bさんとの最後の夜を、賑やかなビヤホールで遅くまで飲んで、食べて、夜空の星を、眺めました。

6.観 光 写 真 集

フルダ市街図

Photo_2

Domを取り囲む旧市街のモニュメント

Img_0888

“Dom”

Img_0877

Domの横にある博物館の案内

Img_0887

  StadtSchloss

Img_0873

つづく

« ブログは旧盆すぎまで休刊します。 | トップページ | デジブック版 『ドイツ鉄道最新事情』 »

ドイツサイクリング事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129634/41310101

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツサイクリングツアーの想い出~第4日目~:

« ブログは旧盆すぎまで休刊します。 | トップページ | デジブック版 『ドイツ鉄道最新事情』 »

Facebook

Twitter


ウエザーニュース


バイコロジーの輪

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自転車遍路


  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車遍路・巡礼へ

ルートラボ

フォローミー

Google AdSense