- 絆 - Kizuna Japan


Twitter Wind


東電電気使用状況


フォト

他のアカウント

四国自転車遍路

シーズン-2

  • 第88番札所 大窪寺(おおくぼじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

    (31霊場走破)

    シーズン-2は、2006年8月1日(火)~8月15日(火)15日間。

     この期間は、梅雨が明けた好天日の連続であり、高速夜行バス8月1日朝到着の高知駅前から路面電車に乗って、輪行バッグの受け取り箇所である県庁前付近に位置する、高知県サイクリング協会事務局の則岡自転車店にお伺いした。

     ここからがシーズン-2のスタートとなった。

    TCA公式長袖ジャージ着用のスタイルで、紫外線対策は十分であったのだが、汗と給水のいたちごっこのようを呈した。

    (57霊場走破)

四国自転車遍路

シーズン-1

  • 第31番札所 竹林寺(ちくりんじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

自転車遍路の旅(プレステージ)

  • 梅雨空模様の尾道駅前
    東京駅発0620のぞみ3号博多行き(5号車18E)に輪行乗車し、福山駅にて在来線乗り換えて、尾道駅到着1030。尾道駅前にてフォールディングを組み立て、尾道駅周辺を観光走行する。さあ、いよいよ”しまなみ海道”の渡り初め!!
無料ブログはココログ

« 絹代!!!新たなステップへ躍進!!! | トップページ | 自転車の一方通行の標識が新設されます »

2011年7月18日 (月)

ドイツサイクリングツアーの想い出~第2日目~

*あらすじ

2011.05.31~06.11(11日間)ドイツメルヘン街道を北上し、

マイン川、キンツィッヒ川、フルダ川、ヴェーザ川に沿うサイクリングロード

を、ブレーメンまで走破してきました。

フランクフルト空港近郊のニーダーラートに宿泊し、ホテルにほど近いマイ

ン川自転車道を北に向かってスタートし、自転車走行8日間、

8名(女性2名・男性6名)の団体にて全走行距離480Kmの

サイクリング及び観光の旅を成し遂げました。

*2日目 2011/6/1 ニーダーラート(Niederrad)→ハーナウ(Hanau)

天候:小雨時々曇サイクリング1日目(6/1)の走行距離約34Km(25Km)( )内は予定

1.サイクリング・観光・日独友好

Img_0751

 今朝の下見で見つけた“R3”の標識。

昨日、夕食のためDB(D-Bahn)を乗り継いで出かけた際に散歩した

自転車道が、『ホテルまで繋がっていれば良いのにね!』と話していた

イメージ通りのR3自転車道でした。

 これから、370kmのロングライド?のスタートです。

(後日、Nさんから訂正があり、自動車ルートでの距離であることが判明。

ごめんなさい!!)

 自転車の走行編成は、打合せの通り先導・T、中間・N、最後尾・U。

Img_0768

しかし、写真撮影のため,N,Uは順に最後尾の状況。

UとTも、時々先頭を遙かに追い越し、一人一人の走行写真の撮影に励む。

8名の団体走行でのペースはやや遅くなるため、快走にはイマイチなので

少々ストレス気味に?この7名追い抜きがストレス発散に有効であった。

その後は、Tさんのビデオ撮影も加わった。

 昼時なので、水門設備のある集落に入り込み、しばらく街中を散策した。

Img_0782

(マイン川の氾濫に備え、このような設備が古くからあるのでしょう。

日本では、海岸と漁村の間に良くある水門に相当しますね)

 石畳の多い街中に入ると、さすが自転車の国。

ユニークな駐輪設備があり、ここに愛車を駐輪し、

Img_0787

思い思いにスーパーやこの先奥にある屋台の食べ物屋さん等で好きな

食べ物を食しました。私は、パン屋さんでコーヒーを添えて購入しました。

(これから毎日、ドイツパンの食べ放題に巡り会うのですが・・・。)

支払いは、ユーロコインを手のひらに載せて金額分を取ってもらいました。

(事前に調べておいたけれど、コインの種類・金額が不明で面倒くさいので、

アルバイトらしき地元のリンゴほっぺの?娘さん

に・・・、コインを手のひらに載せお任せしました。)

   川沿いの自転車道を走っていると、これからも必ずと言って良いほど、

一つの街に必ず見事な美しい教会があるのです。

Img_0795

対岸の美しい教会をパチリ。

(写真を撮っていたらきりがないし、走行の列から大きく離されてしまう。)

現地時間の15時前頃、R3自転車道ですれ違った徒歩散歩中の

ご夫婦とNさんが、日独友好150周年イベントに入り込みました(笑)。

Img_0798

(詳細は、Nさんの紀行文にお任せします。)

日独友好とは、折り鶴ならぬ、折り白鳥にて友好を育んでいました。

(箸袋で作成した箸置きの折り白鳥を、大量に日本から持参していたのです)

 これからは、このようなシーンが沢山あるのです・・・。

ドイツ語がわからない小生は、じっと、話に聞き入っているのでした。

(Nさんを待たないと、最後尾走行のお役目が果たせないのと、 先頭のTさんとの距離感にも、気を遣わねばなりませんので・・・。)

 途中、間違えて危うくハーナウの街を通り過ぎそうでした。

鉄道橋・道路橋でマイン川を渡り、事なきを得ました。

 渡りきった右岸橋詰めで、右遠方に原子力発電所のドーム

(スリーマイル島原子力発電所タイプの型)を発見しました。 (Kraftwerk Staudinger)

9日目のハーメルン手前にも、間近に同じ型式のドームを見ることとなる。

原発反対の先鋒国ドイツの2箇所の原発ドームに遭遇したのでした。

 インターネットにて事前に調べておいたレストラン風の写真を頼りに、

やっと探し当てたホテル・レーマーホーフだが、時刻は15時前、 ホテルの扉が閉まっていたので、皆で近くをウロウロと探し回った。

しかし結局見つからず、Nさんの持参した携帯電話にて後日夕食を 取ることとなるホテルのフロントに繋がり、予約先ではないホテルへの 宿泊となった。

 泊まった部屋のホテル名は、ホテル・ツム・リーゼン・ジュニア。

夕食をしたホテルのレストラン名は、ホテル・レーマーホーフ。

そして、朝食を取ったレストランのホテル名は、ジュニア名が付かない ホテル・ツム・リーゼン。

 つまり、3つのホテルが協定関係にあるのでは?

朝食を取ったホテルの支配人は、以前福岡に住んだことがある親日家で、

ロビーやレストランの隅々に日本に因んだ品々が数々飾られていました。

さらに、ホテルの入館時には、街を紹介するパンフレットやマップや

ハーナウ・ステッカー等が袋詰めで用意されていました。

ようこそ!ヤーパン!!!

この町ハーナウは、サイクリストにとっても優しい街なのです。

また、日本の鳥取県と友好都市協定が結ばれていることが、

帰国後判明しました。ホテルがこれほどの資料

(今、旅行の想い出をさかのぼるのにとても役立つ資料)を、

沢山用意していてくれたことに。感謝!!

2.部屋割とバスタブの有無(ホテル・ツム・リーゼン・ジュニア)

ハーナウ・人口8万8千人。

2、9、10、11、12号室の全てにバスタブなし。我慢・我慢。

旅行代理店のホテル選択は、十分にその特徴をつかんで、

土地に見合った宿泊先を決定して貰っていることは、

日を追う毎に感じていました。

3.翌日の準備

各自走行後の自転車を、約30m離れた別棟の屋根付き資材倉庫の

ような場所にそのまま置き、明日のサイクリングに備えた。

小雨に汚れた愛車を、ウエスやちり紙等で綺麗に掃除をした。

4.夕暮れ時の街の散策

 ハーナウの街は、グリム兄弟生誕地。碁盤の目に整備されている

市街地中心部を自由行動で、散策しました。

ホテルの駐輪場の場所で気がついたことは、旧市街の都市形成は、

歴史的な理由で碁盤の目整備がされていること。

道路に囲まれた住居等建物の内部空間は、作業場や駐車場、

中庭等の落ち着いた静かな生活空間が形成されていること。

また、市庁舎(Rathaus)は街の中心に必ずあり、

荘厳な建物として各地に見られました。

Img_0799

グリム兄弟国立記念碑(Brueder Grimm-Nationaldenkmal)前の写真。

 サイクリング1日目は、8名全員無事に約34Kmを走りました。

5.夕 食

  本来宿泊する予定のホテル1階にある、レストラン・レーマーホーフにて、

珍しい本場チェコ産バッドワイザーにて乾杯をした。

注)「バドワイザー」(Budwaiser)の名称は、ヨーロッパ屈指の中世以来の

ビール産地として広く知られているチェコ・南ボヘミア州のチェスケー

・ブジェヨヴィツェ市のドイツ語地名・ブドヴァイス(Budwais)にちなんだものです。

夕食時の乾杯は2日目だが、この一瞬の楽しみのために、これからの

日々8名団体走行への励みとなっていることは、間違いない!!!

また、隣席の住友ゴム工業株式会社『ダンロップ』研究開発本部(神戸市)

から業務赴任の日本人の方々8名と言葉を交わし、名刺交換を行った。

ドイツでの日本人とのふれあいは、街中では最初で最後の機会でした。 

つづく。前回のストーリーは、こちらドイツサイクリングツアーの想い出~第1日目

« 絹代!!!新たなステップへ躍進!!! | トップページ | 自転車の一方通行の標識が新設されます »

ドイツサイクリング事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129634/40855463

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツサイクリングツアーの想い出~第2日目~:

« 絹代!!!新たなステップへ躍進!!! | トップページ | 自転車の一方通行の標識が新設されます »

Facebook

Twitter


ウエザーニュース


バイコロジーの輪

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自転車遍路


  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車遍路・巡礼へ

ルートラボ

フォローミー

Google AdSense