- 絆 - Kizuna Japan


Twitter Wind


東電電気使用状況


フォト

他のアカウント

四国自転車遍路

シーズン-2

  • 第88番札所 大窪寺(おおくぼじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

    (31霊場走破)

    シーズン-2は、2006年8月1日(火)~8月15日(火)15日間。

     この期間は、梅雨が明けた好天日の連続であり、高速夜行バス8月1日朝到着の高知駅前から路面電車に乗って、輪行バッグの受け取り箇所である県庁前付近に位置する、高知県サイクリング協会事務局の則岡自転車店にお伺いした。

     ここからがシーズン-2のスタートとなった。

    TCA公式長袖ジャージ着用のスタイルで、紫外線対策は十分であったのだが、汗と給水のいたちごっこのようを呈した。

    (57霊場走破)

四国自転車遍路

シーズン-1

  • 第31番札所 竹林寺(ちくりんじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

自転車遍路の旅(プレステージ)

  • 梅雨空模様の尾道駅前
    東京駅発0620のぞみ3号博多行き(5号車18E)に輪行乗車し、福山駅にて在来線乗り換えて、尾道駅到着1030。尾道駅前にてフォールディングを組み立て、尾道駅周辺を観光走行する。さあ、いよいよ”しまなみ海道”の渡り初め!!
無料ブログはココログ

« デジブック版 『 ドイツ自転車最新事情 』 | トップページ | ヒットカウンター ぞろ目 記念の御礼 »

2011年7月 9日 (土)

ドイツサイクリングツアーの想い出~第1日目~

本日より、11回に亘って2011/05/31~06/11の期間に

ドイツ・メルヘン街道サイクリングツアーと称して、

フランクフルト・アム・マインからブレーメンまでの

サイクリングツアーのあれこれを連載します。

お楽しみに。

第1日目2011/5/31 フランクフルト・ニーダーラート(Niederrad)

天候:小雨時々曇→曇

1.機内の様子

昼食は、写真のような“豚角煮ご飯“。

Img_0706

ワインをおかわりして2本頂く。右隅の”TORAY”のお水が貴重品でした。

お隣のTさんは、洋食セット。

食後ぐっすり就寝し、3列席の通路側の方がなかなか席を立たない(就寝中)

ことに業を煮やしTさんがついに席を立つ。

ついでの離席時に撮ったのがソ連上空。

眼下の大自然の大河のうねる姿に暫しうっとり。

Img_0714

2.部屋割とバスタブの有無(ノボテル・フランクフルト・ニーダーラート)

103、104、105、106、128

全室バスタブあり

3.準 備

各自輪行姿の自転車を部屋に持ち込み、明日からのサイクリングに備え、組立を済ませた。

4.夕 食

フランクフルトにて、ドイツ本土初の晩餐。まずは本場のビールにて乾杯。

往復共に、道路とDB、SB、UB、Tramの乗場や方向に迷い

ながら歩き・乗車・歩いてホテルに無事帰館。かなり迷いつつ歩き、疲れましたね。

鉄道運行は、DB Bahn という会社や関連子会社S-Bahn(都市内・都市近郊鉄道)がある。

Db_2

そしてU-Bahn(地下鉄)やTram(路面電車)を運行するU-Bahn Frankfurtは、

都市部で地下鉄となり郊外では路面電車もしくは高速鉄道となる。

往復ともに、この切符で全て乗れたのかな? 1.9 ユーロ/人。

5.サイクリング・観光

翌朝一番にてR3マイン川自転車道を探し当て、勇んで皆や先導の高橋さんに報告した。

これにて、事前のパソコンによる道路地図頼りのサイクリングツアースタートに弾みがつき、ホッと安堵した。

昨夜のフランクフルト空港からしばらくお世話になる、

バス運転手のMr. Liebricht (リーブリヒトさん)に身の回りの荷物をトランクに収納してもらい、

いざ出発。しかし・・・。

Img_0752

6.あれこれ

朝食時に、Kさんご夫妻より重大発表があり、

急遽東京に帰らねばならない事態になったことを、

朝食がほぼ終わり落ち着いた席で発表されました。

残念な事態でしたが、帰国便の確保その他諸々を、

Nさんが携帯電話にて対応・処理されました。

したがって、8名でのサイクリングツアーの始まりとなってしまいました。

お二人の分をあわせて楽しいサイクリングを実行すべく、

誓ったのでした。行ってきます!!

つづく

ドイツサイクリングツアーの想い出~第2日目~

« デジブック版 『 ドイツ自転車最新事情 』 | トップページ | ヒットカウンター ぞろ目 記念の御礼 »

ドイツサイクリング事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129634/40741010

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツサイクリングツアーの想い出~第1日目~:

« デジブック版 『 ドイツ自転車最新事情 』 | トップページ | ヒットカウンター ぞろ目 記念の御礼 »

Facebook

Twitter


ウエザーニュース


バイコロジーの輪

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自転車遍路


  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車遍路・巡礼へ

ルートラボ

フォローミー

Google AdSense