- 絆 - Kizuna Japan


Twitter Wind


東電電気使用状況


フォト

他のアカウント

四国自転車遍路

シーズン-2

  • 第88番札所 大窪寺(おおくぼじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

    (31霊場走破)

    シーズン-2は、2006年8月1日(火)~8月15日(火)15日間。

     この期間は、梅雨が明けた好天日の連続であり、高速夜行バス8月1日朝到着の高知駅前から路面電車に乗って、輪行バッグの受け取り箇所である県庁前付近に位置する、高知県サイクリング協会事務局の則岡自転車店にお伺いした。

     ここからがシーズン-2のスタートとなった。

    TCA公式長袖ジャージ着用のスタイルで、紫外線対策は十分であったのだが、汗と給水のいたちごっこのようを呈した。

    (57霊場走破)

四国自転車遍路

シーズン-1

  • 第31番札所 竹林寺(ちくりんじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

自転車遍路の旅(プレステージ)

  • 梅雨空模様の尾道駅前
    東京駅発0620のぞみ3号博多行き(5号車18E)に輪行乗車し、福山駅にて在来線乗り換えて、尾道駅到着1030。尾道駅前にてフォールディングを組み立て、尾道駅周辺を観光走行する。さあ、いよいよ”しまなみ海道”の渡り初め!!
無料ブログはココログ

« 「失敗学」を生かして原発事故に向き合う | トップページ | ドイツ最新自転車事情(3) »

2011年6月26日 (日)

ドイツ最新自転車事情(2)

2011.05.31~06.11(11)ドイツメルヘン街道を北上し、

マイン川、キンツィッヒ川、フルダ川、ヴェーザ川に沿うサイクリングロードを走破してきました。

フランクフルト空港近郊のニーダーラートに宿泊し、ホテルにほど近いマイン川自転車道をスタートし、

8日間、8名にて全走行距離480Kmのサイクリング及び観光の旅でした。

Km

Adfc_2

Photo_3

⑧駐輪施設その1 ↓

・フランクフルト対岸のレストランで遅い食事を取った帰り道でのショット。

・ライトアップされた美術館らしき建物の駐輪設備です。

Photo

⑧駐輪施設その2 ↓

・ここに愛車を駐輪し、思い思いに左のスーパーやこの先奥にある屋台の食べ物屋さんで

好きな食べ物を食しました。私は、パンやさんでコーヒーを添えて購入しました。

ユーロコインを手のひらに載せて(コインの金額不明のため)支払をしましたが・・・。

Photo_3

⑧駐輪施設その3 ↓

・工事中でしたが、洒落たものが出来ますね。

自転車をおいての散歩でしたので、愛車と写真が撮れませんでした。

残念です・・・。

Photo_4

⑨自転車レーン路面標示(サイクリングロード) ↓

・自転車対面レーン標示。

白線の右側は、歩行者レーンでしょう。

Photo_5

⑩サイクリングロード案内標識その1 ↓

・自転車・歩行者専用道路です。

・下の”Main"は、マイン川の標示です。

・ハーナウ(人口約9万人都市)へ9Km標示です。

・先端の補助看板は、りんご?さくらんぼ?かな??

・Regionalpark RheinMain Roundrouteと書いてあります。

Photo_6

⑩サイクリングロード案内標識その2 ↓

・我ら8名のツアーチームは、事前購入できなかったハーナウ~フルダ間の地図

の代わりに”R1"の標識を頼りにして、走ったのです。

Photo_7

⑩サイクリングロード案内標識その3 ↓

・地方部のサイクリングロードにあった標識。

Photo_8

⑩サイクリングロード案内標識その4 ↓

・明らかに着色にて、公共施設の標示と区別していることがわかります。

・役場や修道院・教会や博物館や・・・公衆トイレなど。

Photo_8

⑪珍自転車その1(リカンベント)↓

・日本では決して珍しくはありませんが、ドイツでは初めて見ましたので・・・。

・ドイツの長距離サイクリストの姿としては、珍しいのではないでしょうか?

Photo_9

⑪珍自転車その2(子供ワゴン車) ↓

・日本にも、これに似た車両(保育園の散歩用車両)を見かけますね。

・人口20万人都市街路の昼前のひとときです。

Photo_9

⑪珍自転車その3(子供車・ペダルなし) ↓

・日本では、TCAスタッフが協力している神宮外苑やパレスサイクリングの

乗り方教室で子供達に教える際は、ペダルを外しています。

Photo_10

⑪珍自転車その4(郵便車その1) ↓

・Deutsche Postの配達用自転車です。

・重い郵便物を乗せるので、まず注目は、センタースタンド。

・次は、・・・。

Photo_11

⑪珍自転車その4(郵便車その2) ↓

・2個のバッテリーを装備しています。

・日本郵便では、電気オートバイを業者に発注後、

製造会社が倒産したので、実現は遅れています。

Photo_12

*とりあえず、ここまで、続きはその3にて。

icon_bycecleicon_bycecleicon_bycecle

« 「失敗学」を生かして原発事故に向き合う | トップページ | ドイツ最新自転車事情(3) »

ドイツサイクリング事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129634/40556728

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ最新自転車事情(2):

« 「失敗学」を生かして原発事故に向き合う | トップページ | ドイツ最新自転車事情(3) »

Facebook

Twitter


ウエザーニュース


バイコロジーの輪

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自転車遍路


  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車遍路・巡礼へ

ルートラボ

フォローミー

Google AdSense