- 絆 - Kizuna Japan


Twitter Wind


東電電気使用状況


フォト

他のアカウント

四国自転車遍路

シーズン-2

  • 第88番札所 大窪寺(おおくぼじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

    (31霊場走破)

    シーズン-2は、2006年8月1日(火)~8月15日(火)15日間。

     この期間は、梅雨が明けた好天日の連続であり、高速夜行バス8月1日朝到着の高知駅前から路面電車に乗って、輪行バッグの受け取り箇所である県庁前付近に位置する、高知県サイクリング協会事務局の則岡自転車店にお伺いした。

     ここからがシーズン-2のスタートとなった。

    TCA公式長袖ジャージ着用のスタイルで、紫外線対策は十分であったのだが、汗と給水のいたちごっこのようを呈した。

    (57霊場走破)

四国自転車遍路

シーズン-1

  • 第31番札所 竹林寺(ちくりんじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

自転車遍路の旅(プレステージ)

  • 梅雨空模様の尾道駅前
    東京駅発0620のぞみ3号博多行き(5号車18E)に輪行乗車し、福山駅にて在来線乗り換えて、尾道駅到着1030。尾道駅前にてフォールディングを組み立て、尾道駅周辺を観光走行する。さあ、いよいよ”しまなみ海道”の渡り初め!!
無料ブログはココログ

« 瀬戸豊彦写真展(昭和記念公園花みどり文化センターギャラリー) | トップページ | 「失敗学」を生かして原発事故に向き合う »

2011年6月24日 (金)

ドイツ最新自転車事情(1)

2011.05.31~06.11(11)ドイツメルヘン街道を北上し、

マイン川、キンツィッヒ川、フルダ川、ヴェーザ川に沿うサイクリングロードを走破してきました。

フランクフルト空港近郊のニーダーラートに宿泊し、ホテルにほど近いマイン川自転車道をスタートし、

8日間、8名にて全走行距離480Kmのサイクリング及び観光の旅でした。

Km

Adfc_2

Photo_3

①人口55万人都市郊外・歩道上の自転車走行レーン(左隅)↓

・歩行者・自転車共存歩道(日本に同じ)

Photo

①人口6万人地方都市郊外・歩道上の自転車走行レーン↓

Photo_2

②歩道上の自動車パーキングスペース 人口1.2万人地方都市中心部↓

・車道は、対面交通センターラインなしで問題ない程の交通量であるのだろう。

・向こう側に、身障者車両専用駐車エリアマークが見られる。

・これぞ、まさに、歩車共存の街路設計だ。

12

②歩道上の自動車パーキングスペース (フランクフルト近郊都市中心部)↓

・自転車も車両もともに、車道・車線をストレート走行が可能。

・歩道上も、自転車通行可(赤煉瓦色のインターロッキングブロック舗装)

Photo_3

③自転車直進レーン標示(右側通行)↓

・車両の車線マーキングをも優先した、自転車レーンマーク標示に注目

・とにかく、どの街でも、自動車は自転車走行を優先して

(我々が渡り終えるまで)、譲ってくれました。

Photo_4

④路面電車と歩行者の共存その1↓

・地図によると、自動車乗り入れの時間制限あり、のようだ。

・銀座も昔はこれが普通の景色であり、現在の高知市内や広島市内等の町並みが、

自動車乗り入れ禁止にすれば、同じ景観となろう。

Photo_5

④路面電車と歩行者の共存その2↓

・ブレーメン駅前の路面電車(系統が沢山あり、車両のカラーリングで識別されているようだ。

2_2

④路面電車と歩行者の共存その3↓

・3両編成のトラムが各方面に向かう。

Photo_13

④路面電車の形態↓

・2~3両編成の路面電車が、町外れまで伸びている。

Photo_6

⑤駅前の電動アシスト・レンタサイクル置場(充電中)その1↓

・人口6万4千人都市の駅前(住宅街と思われるやや寂れた改札口側)で、

ドイツ鉄道(DB)が運営。街中に乗り捨て可能?のようだ。

何箇所かで確認している。

Photo_7

⑤駅前の電動アシスト・レンタサイクル置場(充電中)その2↓

・改札口等は一切ない。切符の自動販売機があるのみの駅である。

よって、自由にホームまで立ち入り可能である。

Photo_8

⑥55万人都市駅前道路高架下駐輪場↓

・駐輪場の現状より、ピアの径に注目したい。(細すぎるーーー!!!)

Photo_9

⑦道路標識(案内標示)↓

・着色にて、公共施設の標示と区別していることがわかります。

・サイクリストへの標識で、4人乗り自転車の動物絵がかわいい。

Photo_14

⑦道路標識(積載荷重標示)↓

・戦車荷重の標示に注目(MKS単位です。ドイツは。)

Photo_10

⑦道路標識(優先標示)↓

・STOP標示下の補助標識のデザインに注目したい!!

Photo_11

⑦道路標識(路面電車標示) ↓

・路面電車通過につき、歩行者は止まれ。

Photo_15

*とりあえず、ここまで、続きはその2にて

icon_bycecle

icon_bycecle

icon_bycecle

« 瀬戸豊彦写真展(昭和記念公園花みどり文化センターギャラリー) | トップページ | 「失敗学」を生かして原発事故に向き合う »

ドイツサイクリング事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129634/40535313

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ最新自転車事情(1):

« 瀬戸豊彦写真展(昭和記念公園花みどり文化センターギャラリー) | トップページ | 「失敗学」を生かして原発事故に向き合う »

Facebook

Twitter


ウエザーニュース


バイコロジーの輪

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自転車遍路


  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車遍路・巡礼へ

ルートラボ

フォローミー

Google AdSense