- 絆 - Kizuna Japan


Twitter Wind


東電電気使用状況


フォト

他のアカウント

四国自転車遍路

シーズン-2

  • 第88番札所 大窪寺(おおくぼじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

    (31霊場走破)

    シーズン-2は、2006年8月1日(火)~8月15日(火)15日間。

     この期間は、梅雨が明けた好天日の連続であり、高速夜行バス8月1日朝到着の高知駅前から路面電車に乗って、輪行バッグの受け取り箇所である県庁前付近に位置する、高知県サイクリング協会事務局の則岡自転車店にお伺いした。

     ここからがシーズン-2のスタートとなった。

    TCA公式長袖ジャージ着用のスタイルで、紫外線対策は十分であったのだが、汗と給水のいたちごっこのようを呈した。

    (57霊場走破)

四国自転車遍路

シーズン-1

  • 第31番札所 竹林寺(ちくりんじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

自転車遍路の旅(プレステージ)

  • 梅雨空模様の尾道駅前
    東京駅発0620のぞみ3号博多行き(5号車18E)に輪行乗車し、福山駅にて在来線乗り換えて、尾道駅到着1030。尾道駅前にてフォールディングを組み立て、尾道駅周辺を観光走行する。さあ、いよいよ”しまなみ海道”の渡り初め!!
無料ブログはココログ

« ドイツ最新自転車事情(2) | トップページ | デジブック『2011日本の寺社写真集(第一弾)』 »

2011年6月28日 (火)

ドイツ最新自転車事情(3)

2011.05.31~06.11(11)ドイツメルヘン街道を北上し、

マイン川、キンツィッヒ川、フルダ川、ヴェーザ川に沿うサイクリングロードを走破してきました。

フランクフルト空港近郊のニーダーラートに宿泊し、ホテルにほど近いマイン川自転車道をスタートし、

8日間、8名にて全走行距離480Kmのサイクリング及び観光の旅でした。

Km

Adfc

Photo_2

⑫渡河用ケーブルワゴンその1 ↓

・フェリーもあるのですが、ワイヤーワゴンによる河渡りができました。

・想像以上に体力を必要とする乗り物です。

・定員4名、4台のワゴンは、川岸及びワゴン内の回転板を廻して対岸に辿り着く設備です。

Photo

⑫渡河用ケーブルワゴンその2 ↓

・川岸にそれぞれ1基及びワゴン内2基の回転板を廻して対岸に辿り着く設備です。

・全て溶融亜鉛メッキ加工済み(日本の高速道路のガードレール他も同様)ですので、

メインテナンス・フリーです。

Photo_2

⑫渡河用フェリーその1↓

・50m程の川幅に渡し船(フェリー)が運行されている。

・商用車が同乗した。

Photo_3

⑫渡河用フェリーその2 ↓

・自転車一台当たり料金は、1ユーロ(110円)

・しまなみ海道の尾道から最初に渡る向島渡船とほぼ同じ料金ですね。

Photo_4

⑬アウトバーンの案内標識その1↓

・クローバー型インターチェンジの案内標識。日本ではその数が少ないですね。

(九州道;鳥栖JCT、常磐道;三郷JCT) ・距離表示が面白いですね。日本なら2kmと標示するところですが。デザインバランスからか?それとも、MKS単位と決まっているのかな?

Ic

⑬アウトバーンの案内標識その2↓

・ブレーメン手前のパーキングエリアに入りました。

・自動車の絵の最右側のトレーラーのそれは、日本で見かけませんね。

Pa

⑭アウトバーンの規制標識↓

・なんたって、アウトバーンですので制限速度はフリー?ではないですね?可笑しいな??

・車線は3車線ですが、その間にあるトラックと乗用車の絵の理由についての考察!!

・おそらく、車線復員が狭いのではないでしょうか?よって、車幅に注意!!ということでしょう。

・過日、ラッシュ時のA-bahnを走ったときに、併走車の距離が近いなと感じていましたので。

Photo_5

*これにて、ドイツ最新自転車(自動車)事情を終了します。

ご覧頂きまして、ありがとうございました。

ドイツ鉄道(DB)の写真も少々撮りましたので。また。

icon_bycecleicon_bycecleicon_bycecle

« ドイツ最新自転車事情(2) | トップページ | デジブック『2011日本の寺社写真集(第一弾)』 »

ドイツサイクリング事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129634/40584249

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ最新自転車事情(3):

« ドイツ最新自転車事情(2) | トップページ | デジブック『2011日本の寺社写真集(第一弾)』 »

Facebook

Twitter


ウエザーニュース


バイコロジーの輪

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自転車遍路


  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車遍路・巡礼へ

ルートラボ

フォローミー

Google AdSense