- 絆 - Kizuna Japan


Twitter Wind


東電電気使用状況


フォト

他のアカウント

四国自転車遍路

シーズン-2

  • 第88番札所 大窪寺(おおくぼじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

    (31霊場走破)

    シーズン-2は、2006年8月1日(火)~8月15日(火)15日間。

     この期間は、梅雨が明けた好天日の連続であり、高速夜行バス8月1日朝到着の高知駅前から路面電車に乗って、輪行バッグの受け取り箇所である県庁前付近に位置する、高知県サイクリング協会事務局の則岡自転車店にお伺いした。

     ここからがシーズン-2のスタートとなった。

    TCA公式長袖ジャージ着用のスタイルで、紫外線対策は十分であったのだが、汗と給水のいたちごっこのようを呈した。

    (57霊場走破)

四国自転車遍路

シーズン-1

  • 第31番札所 竹林寺(ちくりんじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

自転車遍路の旅(プレステージ)

  • 梅雨空模様の尾道駅前
    東京駅発0620のぞみ3号博多行き(5号車18E)に輪行乗車し、福山駅にて在来線乗り換えて、尾道駅到着1030。尾道駅前にてフォールディングを組み立て、尾道駅周辺を観光走行する。さあ、いよいよ”しまなみ海道”の渡り初め!!
無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

街が楽しくなる自転車置き場デザイン集

写真の駐輪施設は、手前がモニュメントの一部としての自転車。(白色に塗られ固定されています)

奥の2箇所に、2台の自転車駐輪が可能??かな?(立った状態でPC操作をしているのかな?)

自転車駐輪目的のみでなく、ちょっとした仕事場としての、こんな使い方もありですね(笑)

ファーレ立川のモニュメント群に加えて欲しいですね。

Bikerack04

グラフィックデザインからプロダクトデザインまでクリエイティブBLOG を紹介します。

ユニークな自転車置き場が紹介されています。 〔街が楽しくなる自転車置き場デザイン集〕

また、その原本が、 「17 Cool and Unusual Bike Racks」 です。

さらに、デザインを開発すると言う視点でお伝えするクリエイティブBLOG も紹介します。

Design Develop

わくわくしながら、観てしまいますね!!!

デジブック『2011日本の寺社写真集(第一弾)』

2011日本の寺社写真集(第一弾)に四国・徳島県代表作品として、

『四国自転車遍路・全編 八十八箇所札所巡り 同行二輪 門前フォト』が選出されました。

四国八十八箇所札所巡りを、延べ22日間を費やし、

第1番札所霊山寺(りょうぜんじ)から

結願所の第88番札所大窪寺(おおくぼじ)までを順打ちにて納めました。

シーズン-1 は、2006年7月19日(水)~7月25日(火) 7日間

シーズン-2 は、2006年8月 1日(火)~8月15日(火)15日間

  全走行距離      1,381.3Km 

  22日間平均走行距離  62.8Km

  最長走行距離      102.5Km

車で結願したときに、高野金剛峯寺山へ納めましたので、

今回はこちら高野山東京別院(東京・港区)を結願しました。

既報:再掲』四国八十八箇所自転車遍路の旅 22日間 門前記念写真

デジブックについて、詳細はこちらへ。

2011年6月28日 (火)

ドイツ最新自転車事情(3)

2011.05.31~06.11(11)ドイツメルヘン街道を北上し、

マイン川、キンツィッヒ川、フルダ川、ヴェーザ川に沿うサイクリングロードを走破してきました。

フランクフルト空港近郊のニーダーラートに宿泊し、ホテルにほど近いマイン川自転車道をスタートし、

8日間、8名にて全走行距離480Kmのサイクリング及び観光の旅でした。

Km

Adfc

Photo_2

⑫渡河用ケーブルワゴンその1 ↓

・フェリーもあるのですが、ワイヤーワゴンによる河渡りができました。

・想像以上に体力を必要とする乗り物です。

・定員4名、4台のワゴンは、川岸及びワゴン内の回転板を廻して対岸に辿り着く設備です。

Photo

⑫渡河用ケーブルワゴンその2 ↓

・川岸にそれぞれ1基及びワゴン内2基の回転板を廻して対岸に辿り着く設備です。

・全て溶融亜鉛メッキ加工済み(日本の高速道路のガードレール他も同様)ですので、

メインテナンス・フリーです。

Photo_2

⑫渡河用フェリーその1↓

・50m程の川幅に渡し船(フェリー)が運行されている。

・商用車が同乗した。

Photo_3

⑫渡河用フェリーその2 ↓

・自転車一台当たり料金は、1ユーロ(110円)

・しまなみ海道の尾道から最初に渡る向島渡船とほぼ同じ料金ですね。

Photo_4

⑬アウトバーンの案内標識その1↓

・クローバー型インターチェンジの案内標識。日本ではその数が少ないですね。

(九州道;鳥栖JCT、常磐道;三郷JCT) ・距離表示が面白いですね。日本なら2kmと標示するところですが。デザインバランスからか?それとも、MKS単位と決まっているのかな?

Ic

⑬アウトバーンの案内標識その2↓

・ブレーメン手前のパーキングエリアに入りました。

・自動車の絵の最右側のトレーラーのそれは、日本で見かけませんね。

Pa

⑭アウトバーンの規制標識↓

・なんたって、アウトバーンですので制限速度はフリー?ではないですね?可笑しいな??

・車線は3車線ですが、その間にあるトラックと乗用車の絵の理由についての考察!!

・おそらく、車線復員が狭いのではないでしょうか?よって、車幅に注意!!ということでしょう。

・過日、ラッシュ時のA-bahnを走ったときに、併走車の距離が近いなと感じていましたので。

Photo_5

*これにて、ドイツ最新自転車(自動車)事情を終了します。

ご覧頂きまして、ありがとうございました。

ドイツ鉄道(DB)の写真も少々撮りましたので。また。

icon_bycecleicon_bycecleicon_bycecle

2011年6月26日 (日)

ドイツ最新自転車事情(2)

2011.05.31~06.11(11)ドイツメルヘン街道を北上し、

マイン川、キンツィッヒ川、フルダ川、ヴェーザ川に沿うサイクリングロードを走破してきました。

フランクフルト空港近郊のニーダーラートに宿泊し、ホテルにほど近いマイン川自転車道をスタートし、

8日間、8名にて全走行距離480Kmのサイクリング及び観光の旅でした。

Km

Adfc_2

Photo_3

⑧駐輪施設その1 ↓

・フランクフルト対岸のレストランで遅い食事を取った帰り道でのショット。

・ライトアップされた美術館らしき建物の駐輪設備です。

Photo

⑧駐輪施設その2 ↓

・ここに愛車を駐輪し、思い思いに左のスーパーやこの先奥にある屋台の食べ物屋さんで

好きな食べ物を食しました。私は、パンやさんでコーヒーを添えて購入しました。

ユーロコインを手のひらに載せて(コインの金額不明のため)支払をしましたが・・・。

Photo_3

⑧駐輪施設その3 ↓

・工事中でしたが、洒落たものが出来ますね。

自転車をおいての散歩でしたので、愛車と写真が撮れませんでした。

残念です・・・。

Photo_4

⑨自転車レーン路面標示(サイクリングロード) ↓

・自転車対面レーン標示。

白線の右側は、歩行者レーンでしょう。

Photo_5

⑩サイクリングロード案内標識その1 ↓

・自転車・歩行者専用道路です。

・下の”Main"は、マイン川の標示です。

・ハーナウ(人口約9万人都市)へ9Km標示です。

・先端の補助看板は、りんご?さくらんぼ?かな??

・Regionalpark RheinMain Roundrouteと書いてあります。

Photo_6

⑩サイクリングロード案内標識その2 ↓

・我ら8名のツアーチームは、事前購入できなかったハーナウ~フルダ間の地図

の代わりに”R1"の標識を頼りにして、走ったのです。

Photo_7

⑩サイクリングロード案内標識その3 ↓

・地方部のサイクリングロードにあった標識。

Photo_8

⑩サイクリングロード案内標識その4 ↓

・明らかに着色にて、公共施設の標示と区別していることがわかります。

・役場や修道院・教会や博物館や・・・公衆トイレなど。

Photo_8

⑪珍自転車その1(リカンベント)↓

・日本では決して珍しくはありませんが、ドイツでは初めて見ましたので・・・。

・ドイツの長距離サイクリストの姿としては、珍しいのではないでしょうか?

Photo_9

⑪珍自転車その2(子供ワゴン車) ↓

・日本にも、これに似た車両(保育園の散歩用車両)を見かけますね。

・人口20万人都市街路の昼前のひとときです。

Photo_9

⑪珍自転車その3(子供車・ペダルなし) ↓

・日本では、TCAスタッフが協力している神宮外苑やパレスサイクリングの

乗り方教室で子供達に教える際は、ペダルを外しています。

Photo_10

⑪珍自転車その4(郵便車その1) ↓

・Deutsche Postの配達用自転車です。

・重い郵便物を乗せるので、まず注目は、センタースタンド。

・次は、・・・。

Photo_11

⑪珍自転車その4(郵便車その2) ↓

・2個のバッテリーを装備しています。

・日本郵便では、電気オートバイを業者に発注後、

製造会社が倒産したので、実現は遅れています。

Photo_12

*とりあえず、ここまで、続きはその3にて。

icon_bycecleicon_bycecleicon_bycecle

2011年6月25日 (土)

「失敗学」を生かして原発事故に向き合う

朝日新聞6/248土)朝刊〈ひと〉

「失敗学」を生かして原発事故に向き合う

ドイツ、ハーメルン(人口約6万人都市)南部に位置する

参考写真『Grohnde(グローンデ)原子力発電所』

福島第一原発事故調査・検証委員会 委員長 畑村洋太郎さん(70) の委員会に対する心意気が熱く語られています。

上記につては、拙者ブログ” 《ヒヤリハット”に見る『失敗学』のすすめ》 

(5/27既報)も読んで下さい。

2011年6月24日 (金)

ドイツ最新自転車事情(1)

2011.05.31~06.11(11)ドイツメルヘン街道を北上し、

マイン川、キンツィッヒ川、フルダ川、ヴェーザ川に沿うサイクリングロードを走破してきました。

フランクフルト空港近郊のニーダーラートに宿泊し、ホテルにほど近いマイン川自転車道をスタートし、

8日間、8名にて全走行距離480Kmのサイクリング及び観光の旅でした。

Km

Adfc_2

Photo_3

①人口55万人都市郊外・歩道上の自転車走行レーン(左隅)↓

・歩行者・自転車共存歩道(日本に同じ)

Photo

①人口6万人地方都市郊外・歩道上の自転車走行レーン↓

Photo_2

②歩道上の自動車パーキングスペース 人口1.2万人地方都市中心部↓

・車道は、対面交通センターラインなしで問題ない程の交通量であるのだろう。

・向こう側に、身障者車両専用駐車エリアマークが見られる。

・これぞ、まさに、歩車共存の街路設計だ。

12

②歩道上の自動車パーキングスペース (フランクフルト近郊都市中心部)↓

・自転車も車両もともに、車道・車線をストレート走行が可能。

・歩道上も、自転車通行可(赤煉瓦色のインターロッキングブロック舗装)

Photo_3

③自転車直進レーン標示(右側通行)↓

・車両の車線マーキングをも優先した、自転車レーンマーク標示に注目

・とにかく、どの街でも、自動車は自転車走行を優先して

(我々が渡り終えるまで)、譲ってくれました。

Photo_4

④路面電車と歩行者の共存その1↓

・地図によると、自動車乗り入れの時間制限あり、のようだ。

・銀座も昔はこれが普通の景色であり、現在の高知市内や広島市内等の町並みが、

自動車乗り入れ禁止にすれば、同じ景観となろう。

Photo_5

④路面電車と歩行者の共存その2↓

・ブレーメン駅前の路面電車(系統が沢山あり、車両のカラーリングで識別されているようだ。

2_2

④路面電車と歩行者の共存その3↓

・3両編成のトラムが各方面に向かう。

Photo_13

④路面電車の形態↓

・2~3両編成の路面電車が、町外れまで伸びている。

Photo_6

⑤駅前の電動アシスト・レンタサイクル置場(充電中)その1↓

・人口6万4千人都市の駅前(住宅街と思われるやや寂れた改札口側)で、

ドイツ鉄道(DB)が運営。街中に乗り捨て可能?のようだ。

何箇所かで確認している。

Photo_7

⑤駅前の電動アシスト・レンタサイクル置場(充電中)その2↓

・改札口等は一切ない。切符の自動販売機があるのみの駅である。

よって、自由にホームまで立ち入り可能である。

Photo_8

⑥55万人都市駅前道路高架下駐輪場↓

・駐輪場の現状より、ピアの径に注目したい。(細すぎるーーー!!!)

Photo_9

⑦道路標識(案内標示)↓

・着色にて、公共施設の標示と区別していることがわかります。

・サイクリストへの標識で、4人乗り自転車の動物絵がかわいい。

Photo_14

⑦道路標識(積載荷重標示)↓

・戦車荷重の標示に注目(MKS単位です。ドイツは。)

Photo_10

⑦道路標識(優先標示)↓

・STOP標示下の補助標識のデザインに注目したい!!

Photo_11

⑦道路標識(路面電車標示) ↓

・路面電車通過につき、歩行者は止まれ。

Photo_15

*とりあえず、ここまで、続きはその2にて

icon_bycecle

icon_bycecle

icon_bycecle

2011年6月21日 (火)

瀬戸豊彦写真展(昭和記念公園花みどり文化センターギャラリー)

瀬戸豊彦's Portfolio ==Works==

Output_image

昭和記念公園花みどり文化センターギャラリーにて。

6/3-7/21まで。

今後の写真展の予定。

大震災当日の夕方の雲の写真には想いが感じられてしまう。

ポタリングをさらに有意義に・・・。

ペットは家族”震災チャリティー大集会”のご案内

 「どうぶつ家族の会」震災チャリティー大集会のご案内

Photo

我が家には二代目のマルチーズ犬が二匹います。

共に、1歳2ヶ月の小型犬です。

名前はオスがシフォン、メスがプリンです。

二人でけんかしたり、じゃれ合ったり、甘えたり・・・。

今は、お昼寝?中ですので、静かです。

決して離れられない家族の一員ですね。

「どうぶつ家族」震災チャリティーのご案内をします。

プロジェクトのシンボルマーク&フレーズです。

■震災チャリティー大集会の概要

開催日: 平成23年7月2日(土)

開催会場: 大手町サンケイプラザ(東京都千代田区大手町1-7-2)

主催: 「どうぶつ家族の会」(アニコム損害保険株式会社協賛)

参加費は無料

■プログラム概要

13:00~ 開会あいさつ

13:10~ 関根勤さんトーク&オークション

14:15~ パネルディスカッション第1部

    「被災どうぶつを助けたい」(柴内裕子座長)

16:40~ パネルディスカッション第2部

    「どうぶつが人を助ける」(アニコム島村麻子座長)

18:00~ コングレス宣言

18:30~ 被災地へ発進! コンテナシェルター壮行会

開催パンフレット

申込先はこちらからどうぞ。

詳細は、「どうぶつ家族の会」のホームページから。

2011年6月18日 (土)

ドイツ サイクリングツアー 走行記録

エクセル作成表をJPG変換した、走行結果を記載します。

2011年6月14日 (火)

ドイツ サイクリングツアー速報

2011.05.31~06.11(11)ドイツメルヘン街道を北上し、

マイン川、キンツィッヒ川、フルダ川、ヴェーザ川に沿う

サイクリングロードを走破してきました。

8日間で全走行距離480Kmのサイクリング及び観光の旅でした。

ブレーメン(人口約55万人都市)の手前のヴェーザー川沿いに停止中?の原発が、

その大きさを誇っていました。・・・。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

Facebook

Twitter


ウエザーニュース


バイコロジーの輪

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自転車遍路


  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車遍路・巡礼へ

ルートラボ

フォローミー

Google AdSense