- 絆 - Kizuna Japan


Twitter Wind


東電電気使用状況


フォト

他のアカウント

四国自転車遍路

シーズン-2

  • 第88番札所 大窪寺(おおくぼじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

    (31霊場走破)

    シーズン-2は、2006年8月1日(火)~8月15日(火)15日間。

     この期間は、梅雨が明けた好天日の連続であり、高速夜行バス8月1日朝到着の高知駅前から路面電車に乗って、輪行バッグの受け取り箇所である県庁前付近に位置する、高知県サイクリング協会事務局の則岡自転車店にお伺いした。

     ここからがシーズン-2のスタートとなった。

    TCA公式長袖ジャージ着用のスタイルで、紫外線対策は十分であったのだが、汗と給水のいたちごっこのようを呈した。

    (57霊場走破)

四国自転車遍路

シーズン-1

  • 第31番札所 竹林寺(ちくりんじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

自転車遍路の旅(プレステージ)

  • 梅雨空模様の尾道駅前
    東京駅発0620のぞみ3号博多行き(5号車18E)に輪行乗車し、福山駅にて在来線乗り換えて、尾道駅到着1030。尾道駅前にてフォールディングを組み立て、尾道駅周辺を観光走行する。さあ、いよいよ”しまなみ海道”の渡り初め!!
無料ブログはココログ

« GIRL'S KEIRINの卵たち「第1回生徒」36名合格!!! | トップページ | 東京ゲートブリッジ中央径間架設完了 »

2011年3月10日 (木)

入院生活のひとこま《執刀の女医先生からのプレゼント!!!》

共済立川病院に鎖骨ボルト摘出のために入院をしていました。

摘出のみ、なので短い入院生活ではあったが・・・。

3/3(木)10時入院。翌日3/4(金)予定10:30が11:30となる。

急患が多いとかの噂?で執刀の先生がわざわざ、

他の先生に願うかもしれないことを伝言に、病室を訪れました。

両先生のベッド脇訪問に恐縮する。

本病院は、直接的なISO9001品質管理を行っていないが、

これに近い活動をされていることが以前より伺えていた。

その結果、それ以前の問題かもしれないが、実執刀の先生までもが、

インフォームドコンセントを十分にされていることに、我が町立川のメイン病院の誇りとうれしさを、

感じ得ずにはいられない。

日曜日にもかかわらず、術後の患部養生に訪れていただいたT先生にお礼を申し上げます。

本病院は、かなり以前より、『お客様の声』投書ボックスが設置されており、

少々のタイムラグはあるものの、

ご意見・ご要望に対し真摯に回答・実行している姿勢に、

前述したようなうれしさを感じているのです。

さて、入院中の楽しみは、持ち込んだ本(図書館で借りておいた)

失敗学・危険学に関する書籍2冊と東野ガリレオ本1冊。

六本木森ビル回転ドアの子供挟まれ事故に端を発した、一連の失敗から学ぶものシリーズです。

通常の皆さんの生活の中に潜んでいる大小のあやまち~身の危険を感ずる失敗までのメカニズム

を、過去の失敗・事故事例より分析されたものです。

何を言う右鎖骨幹部骨折がその失敗事例なのでしょう。

土木建築業界では、昔より敢行されていた安全対策の大きな標語に

”ヒヤリ・ハット”があります。皆様も一度はお聞きになった言葉でしょう。

事故のその下に潜む潜在的な”ヒヤリ・ハット”が、過去に遡れば幾多も発現している事象なのです。

入院中に癒されたそのひとつは、同室のお三方の存在。

長く腰を患われておられるBさん。大腿骨と筋肉の隙間を洗浄されたとかで、

日々小さな声で”いたい、いたい”と、つぶやいておられました。

お隣のOさん。同じく勤務中の自転車のスリップ単独事故で、

やや複雑鎖骨根幹部骨折で一日遅れの退院予定。労災適用で無償。こちとらは、うん万円支払い。

朝の点灯時間6時を待ち、そこそこに屋上へリハビリのウオーキングへ。

富士山の眺めが綺麗なので(以前ボルト施術時のベッドが先のBさんのベッド。

窓から眺める昨年の5月の富士山に癒されておりましたので)

手術前に見事な3月早春の富士山を捉えました。

Img_0216

Img_0218

1

そして、同部屋の最年少入院者A君は、子供の頃の足の骨が歩行に支障する如くに成長したとか。

甥によく似た青年もOさんと同じ日(私の退院の翌日)に退院。Bさんお一人の病室に。ごめんなさい。

退院日に執刀の女医先生からのプレゼントにびっくり!!!

ボルトでなく、六角ねじ。プレートでなくチェーンプレートが正解ですね。

MRI対応のクロモリ(クロームモリブデン)製です。

丸10ヶ月鎖骨を支えてくれていました。

あとは、鎖骨体に空けられた六角ボルトの穴が自然治癒で埋まるまで・・・おとなしく養生を!!!

Img_0224

ご無沙汰しました、このブログはこれより再開しますのでよろしくどうぞ。

« GIRL'S KEIRINの卵たち「第1回生徒」36名合格!!! | トップページ | 東京ゲートブリッジ中央径間架設完了 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129634/39176949

この記事へのトラックバック一覧です: 入院生活のひとこま《執刀の女医先生からのプレゼント!!!》:

« GIRL'S KEIRINの卵たち「第1回生徒」36名合格!!! | トップページ | 東京ゲートブリッジ中央径間架設完了 »

Facebook

Twitter


ウエザーニュース


バイコロジーの輪

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自転車遍路


  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車遍路・巡礼へ

ルートラボ

フォローミー

Google AdSense