- 絆 - Kizuna Japan


Twitter Wind


東電電気使用状況


フォト

他のアカウント

四国自転車遍路

シーズン-2

  • 第88番札所 大窪寺(おおくぼじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

    (31霊場走破)

    シーズン-2は、2006年8月1日(火)~8月15日(火)15日間。

     この期間は、梅雨が明けた好天日の連続であり、高速夜行バス8月1日朝到着の高知駅前から路面電車に乗って、輪行バッグの受け取り箇所である県庁前付近に位置する、高知県サイクリング協会事務局の則岡自転車店にお伺いした。

     ここからがシーズン-2のスタートとなった。

    TCA公式長袖ジャージ着用のスタイルで、紫外線対策は十分であったのだが、汗と給水のいたちごっこのようを呈した。

    (57霊場走破)

四国自転車遍路

シーズン-1

  • 第31番札所 竹林寺(ちくりんじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

自転車遍路の旅(プレステージ)

  • 梅雨空模様の尾道駅前
    東京駅発0620のぞみ3号博多行き(5号車18E)に輪行乗車し、福山駅にて在来線乗り換えて、尾道駅到着1030。尾道駅前にてフォールディングを組み立て、尾道駅周辺を観光走行する。さあ、いよいよ”しまなみ海道”の渡り初め!!
無料ブログはココログ

« 再掲;自転車遍路 同行二輪その2 | トップページ | ゴール前の落車で顔面に怪我を負った新城幸也(チームユーロップカー) »

2011年1月24日 (月)

再掲;四国自転車遍路の旅(プレステージ)

東京駅発0620のぞみ3号博多行き(5号車18E)に輪行乗車し、

福山駅にて在来線乗り換えて、尾道駅到着1030。尾道駅前にてフォールディングを組み立て、

尾道駅周辺を観光走行する。さあ、いよいよ”しまなみ海道”の渡り初め!!

『四国1、381Km!! 同行二人(二輪) 自転車遍路ひとり旅』

・ フォールディングバイク(KHS R20-R)による家族の健康祈願と団塊の世代の頑張りを目的とした四国88カ所札所巡りの旅。

・ 四国四県サイクリング協会事務局へのお礼参りと想い出の地の再訪の旅。

(黒潮センチュリーラン、吉野川センチュリーラン、肱川リバーサイドラン、坂出周辺ラン)

・ 過去、自動車による区切り打ち(時間の空いたときにその都度目的の札所を巡る)により

高野山真言宗総本山金剛峰寺へ結願済み。いつかは自転車で・・・を実現。

・ ルート選定は、順打ち(第一番札所から順に第88番札所を巡る)とし、

“しまなみ海道”の縦走を組み込みました。サイクリスト熱望の走行スポットですね。

・ 勢いで、今度は“歩き遍路”に挑戦?それとも、自転車遍路パートⅡ?

・ 遍路旅の魅力とは?四国四県の遍路さん対策の温度差?

遍路仲間や住民との一期一会ふれあいの旅。

・ 今年の上陸はまだ二頭目!!アカウミガメ上陸産卵地“日和佐”での

海岸清掃ボランティア活動に参加。

・ 室戸岬、足摺岬を巡る太平洋沿岸ひとりぼっちの旅。

・ 林芙美子の婦人公論掲載、巡礼紀行『扁舟紀行』に書かれている旅館と“美馬”との関わりは?

・ 大逆事件の幸徳秋水墓碑再訪、咸臨丸に乗って勝海舟や福沢諭吉と活躍した

ジョン万次郎生家跡地の再訪。

・ 地方都市に若者の回帰・定住の一助に尽くした内子町M 旅館主人T 氏との出会い。

・ デジカメで愛車と全札所山門(仁王門)前でのワンツーショット撮影あれこれ。

・ 自転車遍路ひとり旅の心構えとその実行のためのアドバイスとは?

●シーズン-1(18/7/19~18/7/25) 徳島県、高知県を降雨による快適な走行での遍路旅のスタート

●シーズン-2(18/8/1~18/8/15) 高知県、愛媛県、香川県を快晴による灼熱地獄ロード走行体験

● シーズン-3(和歌山県高野山への参拝は今後の計画を予定)

● エンディング(23/1/9)東京都港区 高野山東京別院へ納札実施

《 楽しみにしていた“しまなみ海道”は雨中の快適走行 》

  シーズン-1に先駆け、しまなみ海道の自転車島巡りの旅をした。

東京駅6:20発のぞみ3号博多行きの5号車18E を予約し、輪行袋(自転車を分解し、

公共交通機関(鉄道・バス等)に特別料金を払わずに、他の乗客の迷惑にならないような状態を保って持ち込み

移動するための布製厚地収納袋)を座席後部のスペースに確保した。

 福山駅で在来線に乗り換え(新尾道駅下車ならば、眼下に瀬戸内の景色が楽しめるかな?)、

尾道駅に10:35到着。小雨降るJR 尾道駅の看板越しに尾道城の勇姿が眼前に迫って見える。

 ところで、輪行可能な交通手段について、今回の旅で再確認したことがあります。

輪行はJR等鉄道車両では許可されているが、JR系高速夜行バスについては

スキー・スケートボード・折り畳み自転車等は禁止されている。

 この問題については、自転車愛好者の重要課題として、

自転車大好き仲間のO氏が関係機関に地道な働きかけ・問い合わせ活動を継続している。

愛車を手元に携行して全国を輪行出来ることがサイクリストの熱望するところだが、

愛好者のモラルを向上させる(他の乗客に迷惑の掛からない場所、

時間を想定する等の認識を持つ)ことが必須です。

 輪行時の新幹線予約席は、必ず車両最後尾の座席空間に荷物を置くことを前提に予約をして欲しい。

車掌さんには、検札時に『この荷物は、私の大切な自転車が入っています。(笑)』と宣言することも忘れずに。

テロ対策に自主的に参画しましょう。

 尾道市内を30分ほど足慣らしの散策をして気がついたことは、

この地は映画監督大林宣彦氏の出身地だったのです。“尾道三部作”といって

尾道を舞台にした彼の代表作として知られている映画三作品がこの地で撮影された。

 そう言えば、四国徳島県脇町に単身赴任していた時、

近くを流れる吉野川対岸の貞光町の貞光劇場(脇町には、知る人ぞ知る有名な、

山田洋次監督作品“虹をつかむ男”の撮影場所になった脇町劇場という芝居小屋がある)

に大林監督夫妻が招待され、監督作品上映会が行われていました。

例の有名なひげを蓄えた豪快な監督と映画の話をしたことを思い出しました。

 話がそれますが、四国に限らず日本は農村歌舞伎が伝統的に盛んだったようで、

各所にその名残として芝居小屋の維持・継承がなされてきています。

今年の3月まで単身赴任をしていた岐阜県にも、2カ所見つけています。

愛媛県内子町の内子座(うちこざ)、香川県琴平町の金丸座 (かなまるざ)などが有名ですね。

 尾道駅前の直ぐ近くが瀬戸内海。駅前から何気なく港の方向に進むと渡し船が待っていて、

110円払って自転車でそのまま乗り込み、運河のような水路(入り江)を1~2分乗れば最初の島、

向島(むかいしま)に到着。

 なぜ、船で渡ってしまうの?の謎に答えましょう。

 最初の島、向島へは新尾道大橋(自動車専用道路)とR317 号線の尾道大橋を渡る二つの手段があります。

駅前で入手したサイクリングマップに『尾道大橋は歩道が狭く危険なため、渡船をご利用下さい。』

と書かれています。これから長旅のスタートでありまた、軽車両としては危険(橋梁の標高がとても高く、

見上げるような位置にあり、交通量が多そう。尾道駅からは遠回り)なので賢明な判断でしょう。

 しまなみ海道のスタートを歓迎するかのような、車道の路面案内標示を見つけました。地図に頼らず、

案内に沿って走行できることは、その分、景色等を見る余裕が生まれ、これからの自転車の旅が楽しみなものに

なりそうな予感がします。うれしいですね。

 本州尾道、向島、因島、井口島(いくちしま)、大三島、伯方島、大島そして四国今治までの

島嶼(とうしょ)部を大小10橋で結んだ“しまなみ海道”を渡ります。

 自転車の通行料金は最低50円、来島海峡大橋は第一、二、三大橋からなり最高の200円。

どの橋からも絶景の眺めです。

 降ったりやんだりの島巡りの途中、井口島には瀬戸田町出身の日本画家平山郁夫美術館があり、

『仏教伝来』、シルクロードの敦煌や楼蘭にまつわる日本画は有名です。

入館直後、雨脚が急に強くなり美術館玄関先でぬれたジャージの滴を気遣いながら雨宿り鑑賞をした。

バッグの荷物が増えることを気にしながら、パンフレット集めや、「読売ぶっくれっと」

No40“時代の証言者「日本を描く」”を購入。ここは広島県尾道市。

平山画伯は広島市の中学生時代に被爆をされていたことを知りました。

 夕方18:00前に今夜の宿泊先、今治市サイクリングターミナル「サンライズ糸山」に入りました。

このホテルは、自転車大好き仲間のN 氏(現在英国に出張中)からのお奨めの宿でしたので、

楽しみにしていました。

来島海峡大橋を庭にしたような絶景なロケーションにあります。

夜間の大橋ライトアップを見ることも出来ました。

 しまなみ海道約70Kmを約6時間で走行した。自転車で目的地を定めたり走行計画を立てたりすることなく、

気分や体調に合わせて気の向くままに走ることをポタリングと言いますが、

まさに路地裏あるいはこれまでに走らなかった小路を走ることによって、

新たな発見と喜びや楽しさを体験できる自転車の醍醐味を再認識しました。

 以下は、写真コメント

 自転車大好き仲間の I 氏にお願いして3年前に購入した輪行のための愛車、

アメリカKHS社製のフォールディングバイク KHS R20-R。

新車の輝きに注目!1,381 Kmを走ってくれました。

全行程でのトラブルは、第81番札所白峯寺山頂でのパンク1回のみ。

 尾道市向島から今治市糸山間の島嶼(とうしょ)部にサイクリストのためにペイントされた路面標示。

(何故か尾道方面の標示はない)

 自転車大好き仲間で開催するイベントでは、主要ポイントの路面にパウダーチョークで自転車マークを描きます。

参加者へのサービスとしての道案内を兼ねます。これは、必須項目です。

 橋梁部乗り入れアプローチ道路の入口に示される自転車等の通行料金標示板。

基本料金は自転車が50円。

ただし、来島海峡大橋は第一大橋~第三大橋の長大橋なので通行料金は200円。しかも安い。

路面等維持修繕費用はペイされるのかな?

 今治市サイクリングターミナル「サンライズ糸山」205号室からのワンショット。

来島海峡大橋の壮大なパノラマが窓辺で眺望できます。

絶景を独り占め。

« 再掲;自転車遍路 同行二輪その2 | トップページ | ゴール前の落車で顔面に怪我を負った新城幸也(チームユーロップカー) »

四国自転車遍路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129634/38593359

この記事へのトラックバック一覧です: 再掲;四国自転車遍路の旅(プレステージ):

« 再掲;自転車遍路 同行二輪その2 | トップページ | ゴール前の落車で顔面に怪我を負った新城幸也(チームユーロップカー) »

Facebook

Twitter


ウエザーニュース


バイコロジーの輪

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自転車遍路


  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車遍路・巡礼へ

ルートラボ

フォローミー

Google AdSense