- 絆 - Kizuna Japan


Twitter Wind


東電電気使用状況


フォト

他のアカウント

四国自転車遍路

シーズン-2

  • 第88番札所 大窪寺(おおくぼじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

    (31霊場走破)

    シーズン-2は、2006年8月1日(火)~8月15日(火)15日間。

     この期間は、梅雨が明けた好天日の連続であり、高速夜行バス8月1日朝到着の高知駅前から路面電車に乗って、輪行バッグの受け取り箇所である県庁前付近に位置する、高知県サイクリング協会事務局の則岡自転車店にお伺いした。

     ここからがシーズン-2のスタートとなった。

    TCA公式長袖ジャージ着用のスタイルで、紫外線対策は十分であったのだが、汗と給水のいたちごっこのようを呈した。

    (57霊場走破)

四国自転車遍路

シーズン-1

  • 第31番札所 竹林寺(ちくりんじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

自転車遍路の旅(プレステージ)

  • 梅雨空模様の尾道駅前
    東京駅発0620のぞみ3号博多行き(5号車18E)に輪行乗車し、福山駅にて在来線乗り換えて、尾道駅到着1030。尾道駅前にてフォールディングを組み立て、尾道駅周辺を観光走行する。さあ、いよいよ”しまなみ海道”の渡り初め!!
無料ブログはココログ

« 再掲・四国八十八箇所自転車遍路の旅 第5日目走行軌跡(ルートラボ) | トップページ | 再掲・四国八十八箇所自転車遍路の旅 第7日目走行軌跡(ルートラボ) »

2010年12月15日 (水)

再掲・四国八十八箇所自転車遍路の旅 第6日目走行軌跡(ルートラボ)

第6日目走破 7/24(月)

  二十七番札所神峯寺(こうのみねじ)から 二十八番札所大日寺(だいにちじ)  (南国市篠原 南国ビジネスホテル泊)

四国88カ所札所巡りを、フォールディングバイク(KHS F20-R)にて完走しました。

シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火) 7日間。

本日の札所めぐり予定は2箇所のみ。昨夜同宿した歩き遍路さんのY氏とKさんに別れと再会を願って。神峯寺迄のおよそ4Kmは、朝からでは、かなりきつい登りで、休み休み自転車を漕いだ。噂の”神の峰の水”は、おいしかった。

さあ、これからは、何度も訪れている安芸市へ。まず、岩崎弥太郎生家へ向かう。4年前は知る人が訪れる観光地でしたが、今やブームですね。途中野良時計(これも、古い庄屋に?作られた畑のど真ん中のそれ)を一応見学。小川のせせらぎに魚影を追いつつ走ります。

再び町方向へ南下し、阪神タイガースキャンプ地で有名な安芸球場を見学。以前立ち寄った”喫茶店JUST"でモーニング注文(~11:15)するも、過去すぐ近くの”港公園”でスポークのゆるみを修理し、30~40分かかった想い出の場所でもあります。モーニングごちそうさま。

R55号線を西へ。自転車走路は、土佐くろしお鉄道高架脇の日陰の爽快な自転車専用?道路をひた走ります。左には、龍馬が眺め続けた、ひろ~い太平洋。途中昨夜同宿したY氏に追いつき?(不思議でしょう、観光を兼ねているので、歩き遍路さんより遅いのです。もしかしたら、土佐くろしお鉄道に乗ったのかも)あの、菅直人の遍路写真が接待所に飾ってありました。彼は、4年後の現在も88箇所巡りの結願を果たしていないとのこと。無理もないですね。

芸西村から香南町(旧夜須町)に入った手結岬方向に自転車道を離れると、旧・夜須サイクリングターミナルがあります。訪れると、現在は香南町C.T(しおや宿)という名称で、民間経営となっていました。JCA日本サイクリング協会HPの全国C.Tにも既にリストアップされていません。残念。

このすぐ先に、土木構造物としても興味深い港湾構造物があります。 手結(てい)港という、人力による掘り込み港です。さらに、不釣り合いな『可動橋』が架かっているのです。

01

02

03

04

ごめん・なはり線と交差しつつ、長年にわたり念願の全線開通に至ったこの鉄道は、前職場の他部署が設計した路線、駅部設計の想い出に浸りながら、要所の写真を沢山撮りました。

F1000077

大日寺の納経後、道路沿いにあった”龍馬歴史館”鑑賞。

今夜の宿泊は、ごめん・なはり線終着のごめん駅にほど近いBHを素泊まりでアポなし投宿を願い出た。近くのコンビニにて、大量の?ビールとつまみと、夕食物を買い込んで、風呂上がりの一杯そして、そのまま泥酔。

安芸郡安田町唐浜(とうのはま)~南国市篠原

本日走行距離  62.5Km

累計走行距離 373.4Km

« 再掲・四国八十八箇所自転車遍路の旅 第5日目走行軌跡(ルートラボ) | トップページ | 再掲・四国八十八箇所自転車遍路の旅 第7日目走行軌跡(ルートラボ) »

四国自転車遍路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/129634/38091760

この記事へのトラックバック一覧です: 再掲・四国八十八箇所自転車遍路の旅 第6日目走行軌跡(ルートラボ):

« 再掲・四国八十八箇所自転車遍路の旅 第5日目走行軌跡(ルートラボ) | トップページ | 再掲・四国八十八箇所自転車遍路の旅 第7日目走行軌跡(ルートラボ) »

Facebook

Twitter


ウエザーニュース


バイコロジーの輪

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自転車遍路


  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車遍路・巡礼へ

ルートラボ

フォローミー

Google AdSense