- 絆 - Kizuna Japan


Twitter Wind


東電電気使用状況


フォト

他のアカウント

四国自転車遍路

シーズン-2

  • 第88番札所 大窪寺(おおくぼじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

    (31霊場走破)

    シーズン-2は、2006年8月1日(火)~8月15日(火)15日間。

     この期間は、梅雨が明けた好天日の連続であり、高速夜行バス8月1日朝到着の高知駅前から路面電車に乗って、輪行バッグの受け取り箇所である県庁前付近に位置する、高知県サイクリング協会事務局の則岡自転車店にお伺いした。

     ここからがシーズン-2のスタートとなった。

    TCA公式長袖ジャージ着用のスタイルで、紫外線対策は十分であったのだが、汗と給水のいたちごっこのようを呈した。

    (57霊場走破)

四国自転車遍路

シーズン-1

  • 第31番札所 竹林寺(ちくりんじ)

    四国88カ所札所巡りを、フォールディング自転車(KHS F20T)にて完走しました。

    シーズン-1は、2006年7月19日(水)~7月25日(火)7日間。

     この期間は、梅雨入り中であり、7/24安芸市内に入ってから、晴れ間が射し、それまでは、快適なシャワー降雨で幸いでした。

    ポイントポイントで降ったりやんだりの自転車ジャージ着用のスタイルには絶好の天候でした。

自転車遍路の旅(プレステージ)

  • 梅雨空模様の尾道駅前
    東京駅発0620のぞみ3号博多行き(5号車18E)に輪行乗車し、福山駅にて在来線乗り換えて、尾道駅到着1030。尾道駅前にてフォールディングを組み立て、尾道駅周辺を観光走行する。さあ、いよいよ”しまなみ海道”の渡り初め!!
無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年7月

2009年7月19日 (日)

狛江古代カップ多摩川いかだレース

多摩川サイクリングロード狛江多摩川五本松護岸をスタート地点とし、1.3Km先の二ヶ領宿河原堰堤手前をゴールとする狛江古代カップ多摩川いかだレースを見学しました。

第19回83組がエントリー。お手製の様々ないかだをくみ上げ、10時スタートを待つ。

”オリンピックムーブメント共同推進事業”の一環でオリンピック出場選手”荻原健司、次晴兄弟、柴田亜衣、千葉真子がいかだレースに参加しました。

荻原健司参議院議員には5/23 COP15参加のお礼と渋谷区役所パレード後集合写真のお礼をし、弟次晴さんには、『自転車は乗らないの?』を質問し、

アテネオリンピック800水泳メダリストの柴田亜衣さんには、徳島県脇町のお話を(ご幼少時の水泳を覚えた思い出の地!!?)しました。

狛江市在住のTCAのW氏と待ち合わせ、おじさん二人でスタート、ゴールを見学。

河川敷公園にはステージ、協賛会社のイベントテント多数。結構大きなイベントにびっくり。

自宅8時過ぎスタート。多摩川サイクリングロード狛江多摩川五本松護岸をスタート地点まで約20Kmを1時間で走行。11時過ぎにスタート地点にてW氏と別れる。

自宅に帰ってひとっ風呂。気がつくと半袖ジャージの腕は、日焼けで真っ赤。

明日の東京シティ試走は長袖ジャージだな。

2009年7月12日 (日)

立川バンク ピストトライアル

梅雨の切れ間の薄曇りの夏を思わせる暑さの下、22名のスプリンター?が立川競輪場に集った。

高校、大学の強化選手が練習する合間を、大宮政志先生の教えの下に、参加者は期待と不安のスタートを。 市民自転車教室用に用意されたピスト12台から自分のサイズにあった物を選択し、持参のペダルに付け替えたり、サドルの調整をしたり、手押しポンプでエアーを入れたり、準備が始まる。やはり、慣れないベルトペダルにT君は悪戦苦闘。

紅一点の参加者の自立の難しいTさんの下半身(?)腰を押さえたりのサポートも。一通りフィールド内の練習走行を終え、強化選手の走りを見学。写真のような高校生強化選手には、1.0Kmスプリントタイム1’10”クラスの日大豊山高校の精鋭がいる。疾走する。早い。

 さあ、1000mピストトライアルの開始。2組の時間差スタートで13名が挑戦。400mコースを2周半の全速力に期待。前回の記録を更新すべくのI さんの走行。過去2年間に1’24”台のF さん。今回が5年ぶりのN ちゃん。日頃の成果を出すのでしょうか?大宮先生から借用したラップ機能付きのストップウオッチ2機をOさんとYさんにて計時。 記録は順に、1’50”05(平均時速32.8Km/Hr),1’23”87(43.0),1’24”28(42.7)でした。

その後、選手控え室内のローラー台に挑戦。皆、汗びっしょりで奮闘。正味1時間での体力・気力そして、記録への挑戦が終了した。

なお、練習の合間に、今回は、万を持しての参加者のS氏は、持参の1964年東京オリンピック写真集の大宮さんの勇姿にサインをお願いされていました。皆で、歓喜の声を上げてしまいました。なにせ、この年、中学3年生の私は、八王子会場(多摩御陵脇の特設会場)でのタンデム競走を授業観戦すべく、体育の伊藤先生指導の下”タンデム競走とは?”の種本作りをしていました。懐かしいい思い出です。(写真参照)

 その後、いつものように、立川駅前交差点の某所での反省会を、まだ明るいうちから暗くなるまで、楽しく過ごした。とさ。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年9月 »

Facebook

Twitter


ウエザーニュース


バイコロジーの輪

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

自転車遍路


  • にほんブログ村 自転車ブログ 自転車遍路・巡礼へ

ルートラボ

フォローミー

Google AdSense